サイクルショップ金太郎 お店案内お店へのアクセス提携駐車場のご案内サイトマップ
サイクルショップ金太郎 安心・信頼できるプロショップの目印!当店はスポーツBAA PLUSの資格を取得したショップです。
トップページ 商品カテゴリー お支払い・配送について 運営者の紹介 お問い合わせ 会員登録 当店ブログ 買い物カート

<%> 2012年05月21日
04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

第15回 ツアーオブジャパン ~9000系 DURA-ACE~

ちょっとツアーオブジャパンの記事ばかりも飽きるので、9000系DURA-ACEの話題でも。

見てきましたよ!!!9000系DURA-ACEを!!!5cmの距離で!!!
今回のツアーオブジャパンに出場のシマノの5選手の中で2人9000系DURA-ACEを使用してました。
残りの3人は電動DURA-ACE Di2でした。
マトリックスパワータグのチームテントの隣がシマノレーシングのテントで目の前にマシンがあったので、じっくり見る事ができました。

本当言うと、ちょっと乗せて~って言いたい所でしたが、さすがにマトリックスパワータグのメカニックとして来てて、他チームの選手の自転車を乗せてとは言えませんでしたが・・・。

上の写真がシマノの5選手自転車ですが、一番手前と3番目の自転車が9000系DURA-ACE積んでます。

現地ではシマノの今西さんが解説を行ってて、イベントではシマノの江原さんも登場で、「シマノ」とは言わなかったものの、「まだ未発表の新しいパーツを積んでるのがあるので、注目して見てください」って言ってるくらいなので、ある意味噂を出そうとしてる雰囲気が伝わります。

そして見た感想。う~ん、さすがに新しいDURA-ACE。そんな目で見てしまうのもありますが、意外とかっこいいです。
シマノレーシング監督の野寺さんが、移動する為にマウンテンバイクを持ち込まれてて、それには当然ながらXTRが積まれてました。
クランクの雰囲気は、全くそのまんまXTRの雰囲気が出ています。
まあ、じっくり見るとXTRと9000系DURA-ACEのクランクは同じ4アームですが、実際のアームの位置は異なります。


さすがに今回は触れた訳ではないので、詳細はリポート出来ませんでしたが、ホイールは確認できましたよ!
2選手ですが、手前の自転車はWH-9000-C24-CLみたいなホイールでしょうか?
しかし!!!
ハブにはプロトタイプ
と書かれてました。
クリンチャーです。


そして真ん中に止まってる自転車についてる50mm~60mm程度あるディープリムですが、こちらも11速対応の9000系DURA-ACEのプロトタイプ。
まだシマノとしか書かれていません。
これも9000系DURA-ACEのディープリム

多分、WH-9000-C50-CLって感じでしょうか?こちらはチューブラーです。

ただ、確かですが、名前は出さないものの、エースではありませんでした。乗ってるのは・・・。

ん~気になるなぁ~。いつ発表でしょうか?噂では6月1日との噂もありますが、いつもすぐに遅れる事がある自転車パーツなので、正確には噂の域のままです。


出たら買おうかな~。しかし電動ほしいかも・・・。最近電動メカを触る事が多く、自転車に電気を使用すると言うのに抵抗あったりしますが、あの変速性能を味合うとね~・・・・。


第15回 ツアーオブジャパン 堺ステージ ~堺国際クリテリウム編~

さて続きです。

この日は、ツアーオブジャパン堺ステージのTTの前に、ツアーオブジャパンに出場するメンバーでの「堺国際クリテリウム」が開催されたのです。

大仙公園で開催されるようになったのは3年前から。
3年前はツアーオブジャパンでのレースでクリテリウムをやってましたが、落車が多かったからでしょうか?
2年前からTTになりました。

しかし、見に来られたお客様からしたらTTって、一人で走ってるだけで、あまり面白みがないんですよね。
もちろんTTはTTでタイムを競い、見どころもあるのですが、やはりレース形態のほうが面白いものです。
その為か、2年前の開催から、ツアーオブジャパンの成績には含まれないクリテリウムが開催されるようになりました。

さて、選手はそれぞれのウォーミングアップの方法があり、各自時間を見ながらアップを開始します。




そして合間合間にチームの撮影があったりします。
これはキャノンデールのチームです。マトリックスの隣のテントでした。


キャノンデールもそうですが、今年は国内でコンチネンタルチームが2チーム誕生し、そのもう1チームが元F1ドライバーの片山右京さんが率いる「チームUKYO」です。
監督の右京さんも自転車に乗ります。しかも、そこそこ速いと言う凄い方です。



そしていよいよレース。
スタート地点に向かいます。





スタート前



あ、ワタクシも映っております。ど真ん中にMAVICのホイール持ってる奴です。ん~猫背だな~・・・。

ん~シマノやキャノンデール、他のチームも並んでるのに、マトリックスはマリウスが前に居てるだけで、その他のマトリックスの選手は後ろのほうに・・・。
狭いコースだし、ペースが上がるのはわかってるから、前のほうが有利なのに。



そしてスタートしました。


赤のジャージは宇都宮ブリッツェン。シマノもキャノンデールもNIPPOもそうだけど、チームワークが出来てるな~ってのが印象的。







マトリックスパワータグは、マリウスは常に先頭付近に居ました。
山下は最初は後ろで様子を見てたものの、中盤は前に上がって来て、見せ場を作ってました。
その他の選手は、集団の中で埋もれてましたね~。

そしてラスト1周が物凄い印象的だったんです。
ラスト1周で2人が逃げてたのですが、NIPPO列車が本気で追走を開始しました。NIPPOはやはり格が違うなぁ~って印象。

photo:Hideaki.TAKAGI

とにかくNIPPOのチームワークが凄く、こりゃ強いはずだわって感じ。

そしてゴール

1位と2位はNIPPOの選手で、なんと兄弟だそうです。リケーゼ兄弟です。
そして3位はマトリックスパワータグのマリウス選手。常に前で戦いいい走りをしました。



さて次の記事に続きます・・・。


第15回 ツアーオブジャパン 堺ステージ ~準備編~

行ってきました。第15回ツアーオブジャパン 堺ステージ。
日曜日に店を休んだ為、ご迷惑おかけしました。

さて、5月20日にあったツアーオブジャパンの堺ステージですが、当初は堺市役所からレース会場である大仙公園までパレードがあるはずだったのが無くなり、三浦さんも忙しくて来れなくなり、当初と予定が色々変わりました。

また前日にマトリックスパワータグの選手の自転車を整備する予定が、積み込みの問題などで、金曜日に代車の2台を整備し、実践で使う選手の自転車は当日の朝から行いました。

そしてこれはコースである大仙公園についた時のマトリックスパワータグのチームカーです。

運転手は、様々なプロチームでマッサージを行ってきた、マッサージャーの森川さん。
助手席はワタクシでございます。


とりあえず当日は朝早く出発。選手が泊っている宿舎には、車を止めるスペースが無さそうだったので、ロードバイクで向かいました。
国内のチームの選手が泊っているホテルの駐車場。

まあ、当然ながら国内のトップチームが出るので有名人がいっぱいです。
元F1ドライバーの片山右京さんも、何度も目の前で見かけました。

そして朝から整備。特にマリウス選手の自転車を中心に。
カーボンのチューブラーホイールを使用してたマリウス選手ですが、ブレーキシューをカーボン用に変更したり、選手の自転車に計測用のパワータグを取り付けたり、ゼッケンの札を自転車に取り付けたりと・・・。
これも間違えたりすると大変な事なので、間違いがないように何度も確認しながら取り付け。

そして整備が完了。

マリウス選手と山下選手がMAVICのコスミックカーボンアルチメイトで、他の選手はコスミックカーボンSRです。
ちなみにMAVICのコスミックカーボンアルチメイトの定価は¥556,500です!!!高けぇ~~~~。
だけど40mmのディープリムなのに、重量が前後で1185gですよ!凄い軽さです。
確かに持って見たらめちゃくちゃ軽いですもんね~。




ちなみにマトリックスパワータグの選手が乗るFOCUS イザルコチームはフレームだけで41万円もします!!!
フレームとホイールだけ約100万円。全部合わせると130万円程度でしょうか・・・・。ひぇ~~~~~。
普通に整備させて頂いてたけど、そんな高いなんて知らなかった~。汗


そして9時30分頃、ホテルを出発します。


出発時刻は他のチームも重なったので、大仙公園までの道のりが凄かった・・・。!!!
多分30人以上は固まってたので、これだけでレースみたいなものです。






人数が多いので片側1車線を完全にふさいでました。

みんなおしゃべりしながら、楽しく現地まで向かいます。



写真はチームカーからの写真となります。


そして現地に到着。





左が山ピーこと、山下選手。去年はツールド北海道のステージ優勝を果たし、今回のツアーオブジャパンではキャプテン的な役割を果たしています。
真ん中が身長191cmのマリウス選手、右が今年から加入の池部選手。彼は数年前にジュニアの日本チャンピオンにもなっています。



さて記事が長くなるので、わけて書きます。次回の記事に続きます・・・。



 | ホーム | 

検索フォーム

プロフィール

サイクルショップ金太郎 店長

Author:サイクルショップ金太郎 店長
大阪の堺にある自転車店「サイクルショップ金太郎」の店長が運営するブログです。



高校の頃より自転車競技を始め、ピストを中心にMTBやロードのレースにも参加してました。

競技時代は、現在マトリックスパワータグの監督でアジアチャンピオン&アトランタオリンピック代表でもある安原さんや、日本チャンピオン、元日本代表監督の元でみっちり自転車競技を行ってました。
その後大型自転車専門店に就職し、勉強させて頂き店長の経験を踏まえこのサイクルショップ金太郎をオープンさせて頂きました。



現在は、UCIコンチネンタルチーム「マトリックスパワータグ」のメカニックもさせて頂き、「ジャパンカップ」や「ツアーオブジャパン」などもメカニックとして参戦させて頂いております。


経験を生かし、自転車の素晴らしさなどをお伝えしていきたいと思っております。

当店のご案内

当店の取り扱いブランド

自転車

 ・・・など

パーツメーカー

  • キャットアイ
  • シマノ
  • OGK KABUTO
  • BBB
  • カンパニョーロ
  • Fizik
  • ELITE
  • TOPEAK
  • TNI
  • KCNC
  • CORIMA
  • IRC
  • MINOURA(ミノウラ)
  • Deda ELEMENTI
  • ITM
  • PROFILE DESIGN(プロファイルデザイン)
  • FULCRUM(フルクラム)
  • SERFAS(サーファス)
  • DMT
  • A-CLASS
  • PEDROS
  • CERAMICSPEED
  • TUFO 

 ・・・など

当店ホ-ムペ-ジ


◇営業時間◇
平日9:00~18:50
土日10:00~18:50

天候や諸事情により変更になる場合がございます。

◇定休日◇

毎週火曜日&第3月曜日
又はイベント時

定休日案内はこちらをご覧ください







金太郎ニュース

定休日案内

カレンダー(月別)

04 ≪│2012/05│≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

月別アーカイブ

天気予報


ペソギン

QRコード

QR