サイクルショップ金太郎 お店案内お店へのアクセス提携駐車場のご案内サイトマップ
サイクルショップ金太郎 安心・信頼できるプロショップの目印!当店はスポーツBAA PLUSの資格を取得したショップです。
トップページ 商品カテゴリー お支払い・配送について 運営者の紹介 お問い合わせ 会員登録 当店ブログ 買い物カート

<%> 2013年02月19日
01<< 12345678910111213141516171819202122232425262728 >>03

02/18のツイートまとめ

3196kintarou

http://t.co/8PRBRfRr
02-18 14:23

マトリックスパワータグのキムの自転車完成(^^)約2時間弱。 http://t.co/KFG9hQxy
02-18 14:17

自転車の洗車方法 ~マトリックスパワータグ編~

洗車方法には様々な方法があり、主に拭き掃除を中心としたものと水洗いがあります。

水洗いは短時間で綺麗にできますが、洗車する場所の問題や、水などがあまり入らないほうが良い場所(ヘッド部分やBBなど)が自転車にはあります。

しかしプロ選手は、レースなどで転戦していく際に、短時間に沢山のバイクの掃除をしないといけません。
その為、水洗い洗車は短時間で綺麗にするには有効です。

拭き掃除を中心とした掃除、水洗い洗車、それぞれメリット、デメリットがあり、それを理解した上で、汚れ方に応じて使い分けて行ったほうが良いです。


水洗い洗車のメリット
・短時間で綺麗にできる
・砂などがチェーンに噛んでる際などに有効

水洗い洗車のデメリット
・ヘッドのベアリングなど、水がたまりやすい部分が錆びやすくなる(実際にプロ選手のヘッドベアリングの錆び方は、いくら防水の意味でグリスをたっぷり塗っても、通常の方よりもかなり早く錆びてます)
・グリスが入ってる場所(ハブ軸、BB、ヘッドベアリングなど)のグリスが流れやすくなる
・ゴム製品などを傷める事がある


拭き掃除のメリット
・手軽に行える
・それぞれの場所で、ポリッシュ、ディグリーザーなどを使い分ける事で、機材に負担をかけない。
・水洗いでは水がたまりやすいBB部分やヘッド部分に水がたまらないので、錆びの発生を遅らせる事ができる。
・ハブ軸やBB,ヘッドベアリングなど、グリスが流れ出る事がない。

拭き掃除のデメリット
・時間がかかる
・砂がついた状態では、小傷がつく事がある(特にフレーム)


と言う事で、マトリックスのサイトに水洗いの洗車方法が載ってますのでご紹介(*^_^*)

載ってるサイトはこちら
http://crra.powertag.jp/spring_enduroad/topic.html




洗車5つ道具(スポンジ、ボトルの上部をカットしたもの、灯油、中性洗剤)を用意します。
台所用スポンジはNG(スポンジの逆面が硬い素材のもの)。フレームなどにキズが入ります。
秘密の液体を作ります。灯油:中性洗剤=1:1
怪しげな白い液体になればOK。
バケツに中性洗剤を入れて泡立てます。
汚れた自転車を洗うぞ~!!
油汚れがある所に先ほど作った白い液体を塗っていきます。
スプロケットも。汚れがひどい所は、ゴシゴシと擦って下さい。
プーリーも。
ギアも。インナーギアも忘れずに(SRMにコレはNGです)。液ダレを注意しながらI君はやっています。
ブレーキも汚れてるのでゴシゴシ。
リムも汚れのヒドイ時は塗っちゃいましょう。タイヤには出来るだけ付けないように。
白い液を塗り終わったら、泡泡の洗剤で汚れの少ないとこから洗っていきます。
ヘッド周り、ワイヤー内蔵式フレームの場合はワイヤーの入り口付近は軽めに洗う程度にしましょう(ヘッド、フレームに水が浸入します)。
クランク、ギアも泡泡にしちゃいます。(SRMは確か水洗いNGだったような・・・)ウチのI君は一瞬で洗ってるみたいです。
スプロケットも泡泡。
チェーンもゴシゴシ。
ホイールもゴシゴシ。
全部洗い終わったら、バシャーッといっちゃいます。ヘッド、フレームのワイヤー穴周辺はあまり水が掛からないように。
ギア、チェーンもピカピカです。
スプロケットもピカピカ。
フレーム、チェーン、ギアなどの水分を軽く拭き取り、乾かします。




 | ホーム | 

検索フォーム

プロフィール

サイクルショップ金太郎 店長

Author:サイクルショップ金太郎 店長
大阪の堺にある自転車店「サイクルショップ金太郎」の店長が運営するブログです。



高校の頃より自転車競技を始め、ピストを中心にMTBやロードのレースにも参加してました。

競技時代は、現在マトリックスパワータグの監督でアジアチャンピオン&アトランタオリンピック代表でもある安原さんや、日本チャンピオン、元日本代表監督の元でみっちり自転車競技を行ってました。
その後大型自転車専門店に就職し、勉強させて頂き店長の経験を踏まえこのサイクルショップ金太郎をオープンさせて頂きました。



現在は、UCIコンチネンタルチーム「マトリックスパワータグ」のメカニックもさせて頂き、「ジャパンカップ」や「ツアーオブジャパン」などもメカニックとして参戦させて頂いております。


経験を生かし、自転車の素晴らしさなどをお伝えしていきたいと思っております。

当店のご案内

当店の取り扱いブランド

自転車

  • GIANT
  • センチュリオン
  • シュウイン
  • GT
  • FELT  
  • KONA
  • DAHON
  • RITE WAY
  • OPERA
  • アンカー
  • ブリヂストン
  • パナソニック
  • アサヒサイクル
  • 塩野自転車

 ・・・など

パーツメーカー

  • キャットアイ
  • シマノ
  • OGK
  • BBB
  • カンパニョーロ
  • Fizik
  • ELITE
  • TOPEAK
  • TNI
  • KCNC
  • CORIMA
  • IRC
  • ミノウラ
  • DEDA
  • ITM
  • TITEC
  • プロファイル
  • フルクラム
  • サーファス
  • DMT
  • A-CLASS
  • PEDROS
  • CERAMICSPEED
  • TUFO 

 ・・・など

当店ホ-ムペ-ジ


◇営業時間◇
平日9:00~18:50
土日10:00~18:50

天候や諸事情により変更になる場合がございます。

◇定休日◇

毎週火曜日&第3月曜日

定休日案内はこちらをご覧ください







金太郎ニュース

定休日案内

カレンダー(月別)

01 ≪│2013/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

カテゴリ

月別アーカイブ

天気予報


ペソギン

QRコード

QR