サイクルショップ金太郎 お店案内お店へのアクセス提携駐車場のご案内サイトマップ
サイクルショップ金太郎 安心・信頼できるプロショップの目印!当店はスポーツBAA PLUSの資格を取得したショップです。
トップページ 商品カテゴリー お支払い・配送について 運営者の紹介 お問い合わせ 会員登録 当店ブログ 買い物カート

<%> 2013年10月
09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

キャットアイ ライト比較~いろいろ~ ただ・・・ピンボケ・・・。

今日入荷した「キャットアイ HL-EL1000RC(VOLT1200) 充電式ライト」を試したく、車で30~40分かけて、写真を撮ってきました(*^_^*)

ただちゃんと確認してなかった・・・。思いっきりピンボケです・・・(大泣)

なので明日もう一度撮り直してきますが、とりあえず明るさの比較はわかって頂けると思いますので掲載します。
写真はタップリです。

今回比較したライトは順番に
キャットアイ HL-EL1000RC(VOLT1200) 充電式ライト
キャットアイ HL-EL625RC(ナノショット+) バッテリーライト
キャットアイ HL-EL620RC(ナノショット) バッテリーライト
キャットアイ HL-EL540RC(エコノムフォース) バッテリーライト
キャットアイ HL-EL530N バッテリーライト
キャットアイ HL-EL340RC バッテリーライト
キャットアイ HL-EL010
キャットアイ HL-EL135
キャットアイ HL-EL130
の9種類
順番に行きます。ただ、ちょっとピンボケです・・・(泣)

ライトつけてない状態。あ・・・ピンボケ・・・。



キャットアイ HL-EL1000RC(VOLT1200) 充電式ライト」のダイナミックモード。1200ルーメン、6500カンデラ



キャットアイ HL-EL1000RC(VOLT1200) 充電式ライト」のノーマル、450ルーメン



キャットアイ HL-EL1000RC(VOLT1200) 充電式ライト」のオールナイトモード。150ルーメン。17時間半持ちます。




キャットアイ HL-EL625RC(ナノショット+) バッテリーライト」のHIモード。600ルーメン、5000カンデラ



キャットアイ HL-EL625RC(ナノショット+) バッテリーライト」のLOモード




キャットアイ HL-EL620RC(ナノショット) バッテリーライト」のHIモード



キャットアイ HL-EL620RC(ナノショット) バッテリーライト」のLOモード




キャットアイ HL-EL540RC(エコノムフォース) バッテリーライト 」のHIモード



キャットアイ HL-EL540RC(エコノムフォース) バッテリーライト 」のLOモード




キャットアイ HL-EL530N バッテリーライト




キャットアイ HL-EL340RC バッテリーライト




キャットアイ HL-EL010




キャットアイ HL-EL135



キャットアイ HL-EL130


そしておまけ。
キャットアイ HL-EL1000RC(VOLT1200) 充電式ライト」が2灯



また詳しく書きますが、「キャットアイ HL-EL1000RC(VOLT1200) 充電式ライト」・・・はっきり言って強烈すぎます。
なので、ホンマに下向きにしないとやばいです。

そしてピンボケだったのが非常に残念・・・。
明日撮りなおしてきます。




とりあえず・・・。620RC、625RC、1000RC比較

とりあえず店の近くでライト照射。


無灯火の状態



キャットアイ HL-EL620RC(ナノショット) バッテリーライト
250ルーメン、2000カンデラ



キャットアイ HL-EL625RC(ナノショット+) バッテリーライト
600ルーメン、5000カンデラ



キャットアイ HL-EL1000RC(VOLT1200) 充電式ライト
1200ルーメン、6500カンデラ



詳しくは今日の夜、もっと暗い所でライト照射して詳しく書きますね(*^_^*)



HL-EL1000RC×2灯 MAX2400ルーメン

ちょ・・・と・・・。やり過ぎですかね・・・(汗)


HL-EL1000RC×2灯でMAXで2400ルーメンです。

40~50kmの速度で走るロードバイクなら、本来はこれくらいは・・は言い過ぎですが、最低でもやはり600ルーメンくらいは必要だと思いますが、どうでしょうか・・・?

もちろん光軸はしっかりと守らないと駄目です。

そしてこの状態で片側ずつオールナイトモード150ルーメンで点灯したら35時間も持ちます!
1000kmブルベもこの2つでギリギリ大丈夫かもしれません。
1000kmブルベなんて、ようしませんが・・・。



HL-EL1000RC VS HL-EL625RC 照射テスト byトイレ編(笑)

一刻も早く照射テストをしたいのですが、何分まだ昼間。しかも今日は天気が良くて・・・。

今日の夜はちょっと山のほうに行って、色々と照射テストをしようと思いますが、とりあえず店で暗い場所と言うとトイレしかなかったので、とりあえずトイレで・・・。

少しは参考になるかと・・・。

もちろん夜か明日にはバッチリの照射テストの画像を掲載します。しばしトイレ画像で我慢を・・・。(笑)

そして今あるのはミラーレスで、親切なのか不親切なのか、シャッター速度を下げたら絞りまで自動で変更されるし、逆も同じ。なので今日の夜、一眼レフカメラでちゃんと撮ってきますので、とりあえずトイレ画像で・・・。
すみません、トイレ画像です・・・。

まずは5000カンデラ、600ルーメンを誇る「キャットアイ HL-EL625RC(ナノショット+) バッテリーライト」です。


そして新発売の6500カンデラ、1200ルーメンを誇る「キャットアイ HL-EL1000RC(VOLT1200) 充電式ライト」です。撮影条件は同じです。


ちょっとキャットアイ HL-EL625RC(ナノショット+) バッテリーライトで露出を合わせると、キャットアイ HL-EL1000RC(VOLT1200) 充電式ライトでは露出オーバーでした。



設定を変えて次。キャットアイ HL-EL625RC(ナノショット+) バッテリーライトです。


キャットアイ HL-EL1000RC(VOLT1200) 充電式ライトです。
あれ・・。これも露出オーバーですね・・・。



じゃあ、ちょっと露出を変えます。

キャットアイ HL-EL625RC(ナノショット+) バッテリーライトです。


キャットアイ HL-EL1000RC(VOLT1200) 充電式ライトです。
うん、これが一番わかるかな?下に見えてるのはカメラとライトを置いてる台です。


次はトイレットペーパーホルダーの上に置いてテスト。

キャットアイ HL-EL625RC(ナノショット+) バッテリーライトです。


キャットアイ HL-EL1000RC(VOLT1200) 充電式ライトです。



ん~、どれも微妙だな・・・・。

今日の夜、ちゃんと真っ暗な所でテストしてきますね(*^_^*)



キャットアイ HL-EL1000RC 入荷!!!

お待たせしました!!!
1200ルーメンを誇るUSB充電式の「キャットアイ HL-EL1000RC(VOLT1200) 充電式ライト」が入荷しました(*^_^*)




















まだ夜にテストした訳ではないですが、キャットアイ HL-EL625RC(ナノショット+) バッテリーライトと比較して、照射範囲がかなり広くなってます。

カンデラ値も高いので、中心部も明るいのですが、LEDの光の色がキャットアイ HL-EL625RC(ナノショット+) バッテリーライトと比較してかなり違いますね。

心配してた大きさもそこまで大きくなく、ロードバイクにも十分使えると思います。

そして今日の夜、ちょっと山のほうに行って照射テストしてこようと思います。(*^_^*)


クラス最強の約1200ルーメン(約6500カンデラ)ハイパワー一体型充電式ライト
バッテリー別体式の明るさを一体型で実現し、使い勝手が良く軽量
オプティキューブ? テクノロジーの超強力なワイド配光
リチウムイオン充電池を採用したカートリッジ式バッテリー
フロントパネルは放熱性に優れハードな使用に耐えるアルミパーツを採用
手軽なUSB充電
バッテリーインジケータ搭載
ダイナミック・ノーマル・オールナイト・ハイパーコンスタント*・点滅の5モード
モードメモリ機能
充電用MicroUSBケーブル付属
手早く確実に固定できるフレックスタイト?ブラケット付属

*ハイパーコンスタントは常時点灯に点滅機能を加えたモードで、明るさをしっかり保ちながら存在をしっかりアピールします

サイズ: 112.0 x 58.9  x 43.8 mm
重量: 214g (本体・充電池のみ)
光源: 高輝度白色LED x2灯
使用電池 Li-ion 3.6V 6200mAh
使用時間
点灯(ダイナミック): 約2時間
点灯(ノーマル): 約5時間
点灯(オールナイト): 約17.5時間
ハイパーコンスタント: 約14.5時間
点滅:
約100時間
標準充電時間: 約8~14時間
繰返し充放電回数: 標準300回 (定格容量の70%の容量低下まで)


ダイナミック:1200ルーメン/2h

ノーマル:450ルーメン/5h

オールナイト:150ルーメン/17.5h

ハイパーコンスタント:14.5h

          点滅:100h



電池寿命は目安であり使用条件により変わります。
仕様及び外観は、改良のために予告なく変更することがあります。


加熱防止機能
通常、時速10kmほどで走行すれば風の冷却効果でライト本体の
温度はそれほど上昇しないのですが、信号待ちなど停車時に温度が
上がってしまう為、本体温度をモニタリング、温度が上がると自動的に
モードダウン、温度が下がると元のモードに復帰します。

・バッテリー残量表示
バッテリーインジケーターを搭載。バッテリー残量が20%以下になると、
点灯ボタンが赤く点灯します。

 

キャットアイ HL-EL625RC(ナノショット+) バッテリーライト」と「キャットアイ HL-EL620RC(ナノショット) バッテリーライト」の大きさ比較です。

左から「キャットアイ HL-EL620RC(ナノショット) バッテリーライト」、真ん中が「キャットアイ HL-EL625RC(ナノショット+) バッテリーライト」、そして右が「キャットアイ HL-EL1000RC(VOLT1200) 充電式ライト」です。
明るさを考えたらこのサイズで充電式のバッテリー一体式で1200ルーメンもの明るさがあるのは驚異的です。




ダイナミックの1200ルーメンなら2時間ですが、150ルーメンのオールナイトモードではなんと17.5時間も持つのです。
通常では150ルーメンの明るさなら、そこそこの明るさがあるのですが、これで17時間も持つのはブルベなどでも非常に心強いかと思います。

また450ルーメンで5時間も持つのは、このサイズでは凄いです。


お値段は少し高いですが、絶対的な安全の為には非常にお勧めなライトです。
あ、僕も2個装備します(笑)くれぐれも光軸には注意します。

あ、それと、正面から見た感じでは、「キャットアイ HL-EL625RC(ナノショット+) バッテリーライト」よりも眩しくないかもです。ほんの気持ちだけそんな感じがします。

商品名 キャットアイ HL-EL1000RC(VOLT1200) 充電式ライト
定価 21,000円
販売価格 17,850円
税別価格 17,000円
メーカー キャットアイ

数量:


http://www.3196kintarou.com/shop/691_7841.html



10月29日~マトリックス~

昨日は定休日。


朝から歯医者行ったりホームセンター行ったり銀行行ったりで用事を済まし、お昼ご飯は前々から気になってた来来亭のラーメン屋に。
うん!うまい!ラーメンは好みによって意見がわかれるでしょうが、僕にはど真ん中でした(*^_^*)
また行こう・・・(*^_^*)

そして、その後は暇を持て遊ばせてたので、マトリックスパワータグのチームオフィスへ!

11/2~11/6までインドネシアであるUCIのレースに、マトリックスからは、マリウス、ヴィセンテ、キム、池部が出場します。
それで飛行機の便の問題で急遽、今日30日の出発になったので、その準備に追われてました。

ず~っと見てたのですが、いや~面白いですね。というか勉強になる。
特に輪行の技術。

国内の場合は車に積んでいきますが、海外は基本的に輪行なので、輪行の仕方を見てました。
選手によって結構個性があって面白かったです。
輪行は性格が出ますね。

例えばキムなどは、めちゃくちゃ丁寧で、梱包材も丁寧に各所に巻いていきますが、ヴィセンテはそのあたりは結構おおざっぱで、性格が出て面白いなぁ~って。

キムは綺麗に洗車してから、丁寧に梱包してました。




ん~携帯はやはり画像が悪いなぁ~。
ヴィセンテのピンク色のパンツはサービスショットです!!!(笑)


そして、みんな輪行時にディレーラーハンガーが曲がったら駄目なので、リアディレーラーを外して輪行袋に詰めますが、キムとかはリアディレーラーだけを外し、ヴィセンテはディレーラーハンガーごと外してました。

安全の為にはディレーラーハンガーごと外したほうが安全なのでしょうが、このあたりにも個性が出るので面白いです。
そしてチェーンも暴れないように、チェーンリングにタイラップで固定したりして。

ん~勉強になるなぁ~(*^_^*)


そしてその後は、みんなで焼肉を食べに行きました(*^_^*)
メンバーは、安原監督、マリウス、ヴィセンテ、キム、小牧、池部、そしてvelofuturjapan」代表のホワンさんと、普段はNIPPOでマッサージャーを務める斉藤めぐみさんと、僕と嫁の10人で。

斉藤めぐみさんは、今回はインドネシアでのマトリックスのマッサージャーとして行くのですが、関空に到着して途中から来られました(*^_^*)







そしてキムの韓国講座が始まり、日本のキムチは甘いとか、石焼ビビンバはスプーンなんかで混ぜない、橋で混ぜるとか、おこげなんて付けないとか、本場韓国の料理について色々と(*^_^*)


そして帰って来てから、ママチャリでスタンディング大会?

マリウス、スタンディング頑張ってます!
もちろん僕も参戦したのは言うまでもありません(*^_^*)

いや~楽しかった1日でした(*^_^*)


って事で、今週も1週間頑張ります!


それと・・・。

キャットアイ HL-EL1000RC


明日


入ります!!!


個人的にめっちゃ楽しみ!!!


明日の夜は照射テストしに行きます!!!



10/29のツイートまとめ

3196kintarou

Facebookのアルバム「」に写真を6枚アップロードしました http://t.co/UYdoKA6Okx
10-29 22:49

キャットアイ HL-EL1000RC明後日入荷します!!!
10-29 22:12

マリウス、ママチャリで、スタンディング練習中(^_^;) http://t.co/ZjcSaZotpt
10-29 21:41

マトリックスなう(^o^)明日からインドネシアのレースに行くので、準備に追われてるようです(^_^;) http://t.co/l7AFRc2p87
10-29 15:13

Facebookのアルバム「」に写真を16枚アップロードしました http://t.co/Pux0XAeDfx
10-29 09:08

Facebookのアルバム「」に写真を14枚アップロードしました http://t.co/IJpVtR55nP
10-29 09:04

キャットアイ HL-EL1000RC 明後日に入荷します!!!

お待たせしました!!!

「キャットアイ HL-EL1000RC」が明後日入荷します!!!

ってか、個人的に僕が一番楽しみ!!!(*^_^*)




10/28のツイートまとめ

3196kintarou

マトリックスなう(^o^) http://t.co/S4X9GR39BH
10-28 19:20

あれ・・・。漢字間違えてる・・・。早く使いたい!HL-EL1000RC
10-28 17:26

さ~て、HL-EL1000RCは今週に入荷してくれるのか?!?!ってか入荷して~。速く使いたい!!!
10-28 15:34

@shigeru008 僕も前に阪神高速の堺線で見かけた事あります。配達に行った際に反対車線で捕まってて、帰りは再び反対車線で捕まえてました。覆面と言えばクラウンとかが普通のイメージでしたが、レガシィツーリングワゴンだったら、さすがに覆面とは思わないですよね~。
10-28 13:47

Saitama Critérium by le Tour de France 2013 http://t.co/XTh9d6jyyQ
10-28 13:00

服装の調整が難しい時期になったなぁ~。朝は寒いけど、店に着く頃には暑い。(^_^;)
10-28 09:53

工具のお話・・・その②

さて、工具のお話。今日はアーレンキーとニップル回しについて

自転車にそこそこ乗ってる方なら持っている方の多いアーレンキについて。


普通の物から、力の入りやすい形状の物、そして携帯ツールについてるようなものもありますね。

もちろん工具は高いものは永久保証などがついてるものもありますが、これもどこまでを求めるかって問題がありますが、僕が愛用してるのはBBBのヘックスTと言うアーレンキーなんです。

店に同じ形状のものですと、パークツールのもの、ACORのもの、ペドロスの物がありますが、ペドロスのものは握り心地は良いのですが、持つ部分のクッションがよく、逆にこれが力を入れた際にグニャ~ってなってどうも力が逃げてる感じがあるんです。
ACORのものはコンパクトサイズですと使いやすいのですが、5mmとか力をかけたい所などでは小さすぎます。

そしてパークツールのも手にフィットして良いのですが、もう少しシャフトが長ければ・・・。

で、その容貌をすべてかなえてくれてるのが、意外や意外?BBBのヘックスTなんです。

もちろん個人差はあると思いますが、僕はこの工具が一番使いやすいので、色々なメーカーがありますが、ついついこれを手に取ってしまいます。(*^_^*)



そしてニップル回し。

これも非常に色々な種類がありますが、やはりよく使うのは写真の上のほうに赤と黒と緑があるパークツールのSWシリーズのニップル回し。
サイズ別に色が違いますが、やはり精度もよく非常に使いやすいです。

写真を紹介すると、右からHOZANのC-123のスポークレンチ。#12と#14の太さが対応で、どちらかとスポーク本数の多いBMXなどに向いてる工具です。
そしてMAVIC用のものとシマノの完組用のもの。

今ではないミノウラのニップル回しなんかもあったりします。

ただメインはパークツールのですが、ホイールによって使い分けしてたりします(*^_^*)


10月27日

最近朝晩が寒くなってきて、服装が一番難しい時期になってきました。

朝、家を出る際は寒いけど、店に着くころには汗をかくんですね。
この時期、あんまり汗かくと、後々寒くなってくるし、難しい所です。

さてさて・・・。昨日は自転車屋らしく、朝から色々修理。

クランク替えたり、音鳴りの原因を探ったり・・・。
いつも思うのですが、音鳴りって難しいですよね。

昨日ご来店のお客様、いつもご来店頂いてるのですが、前回と前々回2回ご来店頂いてたのですが、2回とも修理が1時間待ちくらいだったので、また来ます~って事で、昨日3回目。
ようやく修理に取り掛かる事が出来ました。

そのお客様の自転車はFELTのカーボンのロードですが、BBはBB30。

前々からBBの音鳴りが頻繁に出てたので、ちょっと前にシマノクランクに交換して、BBも「KCNCのBB30 アールディ シマノ」に交換したんです。

もちろんその時は音は出てなかったのですが、それから7000kmくらい走り、最近になって走り始めに音が出るようになってきたと・・・。

ダンシングして踏み込むと音がギリギリギリ~ってなるので、これは絶対にBBだろうなぁ~って思ってたので、ばらしてグリスアップしました。
そして試乗・・・。
ギリギリギリ~~~。あれ・・・鳴る・・・。

ん~と悩みながらもう一度乗ると、ダンシングした際に踏み込む力よりも自転車を左右に振るのを大きくしたほうが鳴るんですね。
しかも漕いでる際だけ。

これはリアホイールが怪しいなぁ~って事で、僕が使ってるコスミックカーボンに交換して走って見たら見事に音が消えました。

って事でFFWD(ファストフォワード)のハブ軸の問題でした。

ん~音に関しては簡単にわかる時もありますが、難しい場合も多いですね~。

って事でそんなこんな修理をしたり、色々お買い上げ頂いたりとありがとうございました。


そして夕方には緑軍団のボス(笑)と、緑軍団のチームメンバーでもある去年のU23のNo.1の長男と奥様がご来店。
そして奥様のママチャリをお買い上げ頂きました。
ありがとうございました。(*^_^*)

また調子が悪い時がありましたら、ご連絡お待ちしております(*^_^*)

緑軍団のボスの奥様には、僕がまだ若い頃・・・確か20年くらい前・・・一緒に練習させて頂いてた時期に何度か手料理もご馳走になった事もあり、非常によくして頂いてました。

緑軍団のボスがまだイノアックデキで走ってた時期で国内では敵なしで、アトランタオリンピックにも出た頃でした。
その頃には緑軍団のボスの車のフィルムを貼ったり、自転車以外の整備などもその頃からしてたような・・・。
ん~懐かしい・・・。(*^_^*)
そう思うともう20年くらいの付き合いになるのか・・・。長いなぁ~(*^_^*)

その頃は、その長男もまだ小学生だったよなぁ~。今となってはまだピュアなのかピュアじゃないのかわかりませんが、監督同様に男前の青年になりました。
去年はピュアホワイトのジャージ(U23のNo.1の称号)を捕った彼ですが、監督曰くピュアじゃないそうですが・・・。



そして話は飛びますが、少し先のお話・・・。

12月1日(日)ですが、すみません。お休みを頂きます。
毎年開催されてます「長良川クリテ」
http://crra.powertag.jp/fuyu_nagaragawa/guide.html
にメカニックで参戦します。

長良川クリテは11月30日と12月1日がありますが、僕が行くのは12月1日のみです。

ご迷惑おかけしますが、宜しくお願い致します。



10/27のツイートまとめ

3196kintarou

@ymd9 時代の流れとは言いつつも無くなっていくのは寂しい気もします。ねじ切りのヘッドはスッキリしてて、僕も好きなんですけどね~。今のアヘッドほど様々な規格もなく種類も限られてたので、自転車屋にとっては、ある意味楽だったのですが。そして自転車屋の腕の差が出る部分でもありましたし
10-27 14:45

@ymd9 コラムのネジ切り工具は今となってはほとんど使う事が無くなりました。果たしてこの先使う機会があるのかどうかが、怪しい所です。(笑)少なくとも店をオープンさせて11年・・・。1度も使った事がありません(笑)
10-27 14:39

工具類を片付けてたら・・・。

今日は朝からクランク交換やら、プレスフィットのBB交換やらの修理が数件あったので、工具類を片付けてたらこんな工具が・・・。

ホーザンのホークシナイズル

この道具はフロントフォークのネジ切りコラムを修正したり、ネジ山の延長をするものですが、結局、金太郎をオープンさせ









あ~~~~



忘れてた~~~~。



当店、11年前の10/26に正式オープンさせて頂き、早いもので11年が立ちました~~~。


早い・・・。11歳も年とったのか・・・・。来年はついに干支がオープンした時と同じように回ってくる・・・。


お陰様で、オープン11年を迎える事が出来ました。


ありがとうございました。(*^_^*)


このブログを書いてて気づいたのは内緒です・・・(笑)



そんなこんなで、店をオープンさせる際って、当然ながら工具も用意しないと駄目な訳ですが、店をオープンさせる際って、どんなお客様の層が来られるかわからないものです。

当店は基本的にはスポーツ車もそこそこいじれる街の自転車を目指してますが、一般車のみだったら工具も少なくなるのでしょうが、やはりそこそこ用意しないと駄目なんです。

そして100%対応できるようにすべての工具を揃える事が出来るのが理想ですが、現実は予算とか置くスペースの問題から無理なんですね。

工具なんかも専門工具って本当に高く、当店で使ってるフレ取り台だけでも定価で5万円以上しますしね~。
なので、店をオープンさせるにあたり、ある程度揃えると、すぐに車が買えるくらいの価格になってしまいます。

なのでどこまで、どの工具を揃えるかってのも、店を作る際に当然ながら考えないと駄目なのですが、上の写真のように、ホーザンのホークシナイズルを買って用意したけど、結局は1回も使った事がないって工具も結構あったりします。

そして自転車の工具って種類が多く、この工具はこのXTRのこの年式のグレードしか使えないってのもあったりして、実はそのあたりって大変だったりします。

その工具を使うかどうかわからないけど、用意しておかないとこんな修理もできないの?ってお客様に思われるのも嫌だし・・・。

ちょっと工具を見てると、例えばこれ・・・。

同じように見えて全部違って、左からシマノのスプロケなどのロックリング用、真ん中はカンパ用のもの、右のはボスフリー用。
まあ、これはよく使います。上記のものは全然使ってなく違うものを使ってるけど。


そしてこれ!あまり使う事のない工具としては・・・。

まずは一番左がシマノのTL-UN96
TRUVATIVのBBなども外せたりしますが、基本的には何世代も前のシマノのクランク、チェーンリングの工具です。この先、使う事あるのか・・・?

そして左から2番目はシマノのTL-HL11です。
上玉押し戻し工具ですが、え~くるぴたにしか使用頻度はなかったような・・・。最近くるぴた自体もうないですよね?確か。

そして右から2番目、1986年?以降のサンツアーの4ノッチのフリーホイール用の工具です。
他に2ノッチなどもあったりします。果たしてこの先使う事があるのか・・・???

そして一番右
シマノのTL-FC35。シマノのXTR、しかもFC-M970にしか使えない物。
シマノさん、もう少し互換性を持たしてくれれば助かるのですが、この工具も使った事あるかな~・・・???


そしてこれ!なんの道具かわかります?

シマノのTL-FF20です。
一般車のセレクターBB、OCSタイプとも言いますかね?それを外す工具。
何度か使った事はあるものの、最近では使った事ないなぁ~・・・。

そしてこれとセットで22mmの薄型のスパナもあるのですが、セレクタークランクをいじる際は必需品ですが、22mmの薄型スパナなんて、これにしか使う事ないです。


そしてこれ!

きっと、世間一般で、この言葉は使いたくないけど、プロショップと呼ばれてるスポーツ専門のお店などでは知らないお店もあるのではないでしょうか?
ってかプロショップってなんで言うんでしょうね・・・。お金もらって修理してる以上、どんな店でもプロショップって言っても良いかと・・・・。いや、そんな話を書き出したら、また止まらなくなるのでやめておきます・・・(笑)

この工具はまだ結構使いますね~。これも一般車のBBのワンを回す工具です。
これは裏表使え、裏と表で形が違います。



他にもいっぱい工具はありますが、結構面白そうなので、また気が向けば書こうと思います(*^_^*)




ふ・ふ・ふ・・・(*^_^*)

店に貼ろうかな・・・?(笑)




バリ取りナイフ

前に使ってたのが傷んできたので新調しました(*^_^*)


自転車屋って金属とか削る事って結構あり、多いのはハンドルバーのカットとシートポストのカットなど。

これがあると作業がはかどるんです(*^_^*)

K-35 バリ取りナイフ


面倒なバリ取りもラクにこなせる
特殊回転構造により、刃の食い込みを防ぎ、均一なバリ取り、面取りができます。
鉄・銅・アルミなどの金属用、プラスチック用、万能タイプの3種類の刃が付属。
刃渡り 10mm
重量 35g
K-35 バリ取りナイフ
 
部品表はこちら



 | ホーム |  »

検索フォーム

プロフィール

サイクルショップ金太郎 店長

Author:サイクルショップ金太郎 店長
大阪の堺にある自転車店「サイクルショップ金太郎」の店長が運営するブログです。



高校の頃より自転車競技を始め、ピストを中心にMTBやロードのレースにも参加してました。

競技時代は、現在マトリックスパワータグの監督でアジアチャンピオン&アトランタオリンピック代表でもある安原さんや、日本チャンピオン、元日本代表監督の元でみっちり自転車競技を行ってました。
その後大型自転車専門店に就職し、勉強させて頂き店長の経験を踏まえこのサイクルショップ金太郎をオープンさせて頂きました。



現在は、UCIコンチネンタルチーム「マトリックスパワータグ」のメカニックもさせて頂き、「ジャパンカップ」や「ツアーオブジャパン」などもメカニックとして参戦させて頂いております。


経験を生かし、自転車の素晴らしさなどをお伝えしていきたいと思っております。

当店のご案内

当店の取り扱いブランド

自転車

  • GIANT
  • センチュリオン
  • シュウイン
  • GT
  • FELT  
  • KONA
  • DAHON
  • RITE WAY
  • OPERA
  • アンカー
  • ブリヂストン
  • パナソニック
  • アサヒサイクル
  • 塩野自転車

 ・・・など

パーツメーカー

  • キャットアイ
  • シマノ
  • OGK
  • BBB
  • カンパニョーロ
  • Fizik
  • ELITE
  • TOPEAK
  • TNI
  • KCNC
  • CORIMA
  • IRC
  • ミノウラ
  • DEDA
  • ITM
  • TITEC
  • プロファイル
  • フルクラム
  • サーファス
  • DMT
  • A-CLASS
  • PEDROS
  • CERAMICSPEED
  • TUFO 

 ・・・など

当店ホ-ムペ-ジ


◇営業時間◇
平日9:00~18:50
土日10:00~18:50

天候や諸事情により変更になる場合がございます。

◇定休日◇

毎週火曜日&第3月曜日

定休日案内はこちらをご覧ください







金太郎ニュース

定休日案内

カレンダー(月別)

09 ≪│2013/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

天気予報


ペソギン

QRコード

QR