サイクルショップ金太郎 お店案内お店へのアクセス提携駐車場のご案内サイトマップ
サイクルショップ金太郎 安心・信頼できるプロショップの目印!当店はスポーツBAA PLUSの資格を取得したショップです。
トップページ 商品カテゴリー お支払い・配送について 運営者の紹介 お問い合わせ 会員登録 当店ブログ 買い物カート

<%> 2015年02月
01<< 12345678910111213141516171819202122232425262728 >>03

第5回スズカ8時間エンデューロ春SP

競技種目・解説


今年のスズカ8時間エンデューロ春spは、人気種目を厳選して1日での開催となりました。人気のエンデューロは、8時間と4時間の2種目。今回はチームでの出場のみで、車種別クラスと男女混合クラスがも受けられます。4時間エンデューロはママチャリやリカンベントなど限定のクラスもあり、表彰のチャンスが多いのが特徴です。
一方、ソロでたっぷり走りたい人には、制限時間内に規定距離の完走を目指すアタックがおすすめ。こちらはアタック240とアタック120の2種目が実施されます。
スズカ8時間エンデューロの魅力は、ロードレースの白熱したレース展開と、ロングライドの魅力である距離・時間への挑戦という要素が同時に楽しめること。あらゆるレベルの参加者が、それぞれの目標を設定して楽しめるのも特徴です。


8時間エンデューロ・4時間エンデューロ


大会最大の参加者数を誇るビッグレースで、スズカ8時間エンデューロのメインイベント。最長の競技時間が売りの8時間エンデューロと、比較的気軽に参加できる4時間エンデューロの時間別2カテゴリーがあります。8時間エンデューロは、ロード、ロード以外の車種別クラスと男女混合クラスの計3クラスで実施。4時間エンデューロは、ロード、フラットバー、ミニ・リカンベント、ママチャリの車種別4クラスに加え、男女混合、ファミリーという車種制限はないものの出場メンバーに制限のあるクラスも実施されます。

※参加資格はすべて大会当日の学年を適用します。
※プレエントリーで全定員の1/2の参加者がエントリー済みとなっています。

種目
No.
種目 カテゴリー 使用自転車 参加
資格
参加費 定員
2人 3人 4人 5人 6人
801 8時間
エンデ
ューロ
ロード ※1 ロード他 小学生
以上
男女
24,000 34,500 44,000 52,500 60,000 400チ-ム
(計800チ-ム)
802 ロード以外 ※2 ロード
以外
24,000 34,500 44,000 52,500 60,000
803 男女混合 ※3 車種制限
なし
24,000 34,500 44,000 52,500 60,000
401 4時間
エンデ
ューロ
ロード※1 ロード他 小学生
以上
男女
17,000 24,000 30,000 35,000 - 250チ-ム
(計500チ-ム)
402 フラットバー ※5 クロスバイク
MTBなど
17,000 24,000 30,000 35,000 -
403 男女混合 ※3 車種制限
なし
17,000 24,000 30,000 35,000 -
404 ミニ・
リカンベント
車輪径
22インチ以下
17,000 24,000 30,000 35,000 -
405 ママチャリ 前かご付
ママチャリ
17,000 24,000 30,000 35,000 -
406 ファミリー ※4 車種制限
なし
- 18,000 22,000 - -

※1 ロードクラス:ロードが1台でも含まれている場合はこのクラスに参加。
※2 ロード以外クラス:ロード以外の自転車。ドロップハンドルは禁止。
※3 男女混合クラス:女性1名以上を含むこと。車種は不問。
※4 ファミリークラス:成人女性1名と中学生以下の子供1名を含むこと。車種は不問。
※5 フラットバークラス:クロスバイク、MTBなどフラットハンドルバー付の自転車。


アタック240・アタック120


スズカ春spの名物種目としておなじみのアタック240/120。8時間以内に40周回(約232km)の完走を目指すアタック240と、4時間以内に20周回(約116km)の完走を目指すアタック120の2種目があります。それぞれ男性クラスのほか、女性クラスも設けられるので、女性ライダーの参加もお待ちしています。自分の限界にチャレンジしてみませんか?
いずれの種目も完走者には完走証を発行するほか、アタック240完走者には完走記念Tシャツも贈られます。

※アタック240の完走者全員に「完走記念Tシャツ」を贈呈します。
※参加資格はすべて大会当日の学年を適用します。
※プレエントリーで全定員の1/2の参加者がエントリー済みとなっています。 

種目
No.
種目 カテゴリ 参加資格 使用自転車 時間/距離 参加費 定員
1人
101 アタック240 オープン 中学生以上 男女 ロード 8時間/40周
(232.28km)
13,000 100人
(計200人)
102 WOMEN 中学生以上 女 13,000
201 アタック120 オープン 小学生以上 男女 ロード他 ※6 4時間/20周
(116.14km)
9,000 300名
(計600人)
202 WOMEN 小学生以上 女 9,000

※6 ロード他:ロードの他、クロスバイク、MTB、ミニベロなどのスポーツ車。 



お申し込みのご注意

エンデューロへ同一チームから複数のチームがエントリーする場合は、チーム名の後ろにAやBを付けるなどして同じチーム名にならないようにしてください。
参加者の氏名は正しく表記してください。傷害保険が適用されない場合があります。
参加資格はすべて大会当日の学年を適用します。
18歳未満(2015年大会開催日時点で)の参加者は保護者の同意を必要とします。
楽しく安全な競技運営を行うため、定員制を設けています。お早めにお申し込みください。
お申し込み後は参加料金の返金ができませんのでご了承ください。 


お申し込み内容の変更やメンバー変更は、募集期間内(4/10まで)に下記の通り受付いたします。
ただし今年から有料になりますのでご注意ください。

◆WEBでお申し込みの方
 スポーツエントリー〈http://www.sportsentry.ne.jp/〉にて有料(500円)で受付いたします。

◆郵送でお申し込みの方
 大会事務局へハガキかFAXをお送りいただくか、メール〈suzuka8h@powertag.jp〉にて
 有料(500円)で受付いたします。

◆プレエントリーでお申し込みの方
 メール〈suzuka8h_preentry@powertag.jp〉で受付いたします(初回変更無料)。
 ただし2回目以降の変更は有料(500円)です。必ず受付番号と一緒に変更内容をお送りください。

※募集期間終了後のメンバー変更は代理出走届けの手続きをしてください。


お申込み方法

■募集期間:2015年3月2日(月)~4月10日(金)

3/2(月)よりお申し込み受付を開始します。定員に達し次第、締め切りますのでご了承ください。

WEB(パソコン)からお申込みの場合


パソコンでお申し込みされる方はスポーツエントリーのウェブサイト【http://www.sportsentry.ne.jp/】よりお申し込みください。参加申込書や参加料を郵送していただく必要はありません。

参加料金の払い込み 〈コンビニ決済〉

最寄のコンビ二エンスストア(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート他)か、ネットバンク、ペイジーで参加料をお払いください。
※クレジットカードはご利用になれません。

会場内駐車場のお申込み 〈有料駐車場〉

大会当日のパドックおよび会場内駐車場はすべて有料になります。詳しくはこちらをご覧ください。
会場内および周辺に無料駐車場はございませんのでご注意ください。


携帯電話でお申込みの場合


http://www.sportsentry.ne.jp/】にアクセスし、トップページの「大会情報」を選択して「スポーツ種目」から「サイクルイベント」を選び、次に「大会名又は大会番号」欄にスズカ8時間エンデューロ春spの大会番号(59754)を入力してください。以降は画面の案内に従ってお手続きください。
参加申込書や参加料を郵送していただく必要はありません。

参加料金の払い込み 〈コンビニ決済〉

最寄のコンビ二エンスストア(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート他)か、ネットバンク、ペイジーで参加料をお払いください。
※クレジットカードはご利用になれません。

会場内駐車場のお申込み 〈有料駐車場〉

大会当日のパドックおよび会場内駐車場はすべて有料になります。詳しくはこちらをご覧ください。
会場内および周辺に無料駐車場はございませんのでご注意ください。


参加申込書(郵送)でお申込みの場合


所定の参加申込用紙に必要事項を記入・捺印してください。
※参加申込書(大会ガイド)の入手は、大会事務局へ直接ハガキかFAX(072-340-1698)またはメールで請求していただくか、こちらのPDF書類をダウンロードしてご使用ください。

参加料金の払い込み 〈郵便払込票〉

参加料金を所定の払込取扱票を利用して、お近くの郵便局でお支払いください。
※郵便局備え付けの用紙をご使用ください。

会場内駐車場のお申込み 〈有料駐車場〉

大会当日のパドックおよび会場内駐車場はすべて有料になります。詳しくはこちらをご覧ください。
会場内および周辺に無料駐車場はございませんのでご注意ください。

学生割引のご利用について

大会当日メンバー全員が学生の場合は、1名につき2,000円の学生割引を適用します。
参加申込書と一緒に生年月日が確認できる保険証などのコピーを同封し、正規の参加料から人数分の割引料を差し引いた金額を郵便局で払い込んでください。
※学生割引は郵便お申し込み限定です。webでのお申し込みはできません。

大会事務局宛に郵送

以上、必要事項を記入した参加申込書を投函して下さい。締切日は当日消印有効です。

●参加申込書 郵送先
〒592-0012 大阪府高石市西取石7-7-33 鈴鹿8時間エンデューロ大会事務局


大会当日までの流れ

■参加確認証を受け取る

公式通知となる「参加確認証」を大会事務局よりお送りいたします。(5月20日頃に発送予定)参加確認証は大切に保管して会場へご持参ください。チームの場合はチームリーダーにまとめて発送します。


■自転車装備と安全点検

使用する自転車は選手が自己責任で整備・点検を済ませてくることを義務づけます。ご自身で整備できない場合はお近くのサイクルショップにご相談ください。整備不良の自転車では出場できません。


■参加確認証を提示して入場

参加確認証は会場への入場時や選手受付に必要です。当日は必ず持参してください。 



宿泊・チームオフィス


■鈴鹿サーキットホテル

鈴鹿サーキットホテルでのご宿泊をご希望される方は〈鈴鹿サーキットウェブサイト・泊まる〉にて受け承ります。


■チームオフィス

ピットビル裏側のパドックエリアに位置する「チームオフィス」は、エアコンや冷蔵庫、テレビ等が完備された多目的に活用いただける個室です。ご予約については〈鈴鹿サーキットウェブサイト・チームオフィスお申し込み〉にて受付いたします。

※チームオフィスの受付は3月21日(土)より開始予定です。ご案内までお待ちください。


■鈴鹿の宿(鈴鹿市 旅行業組合)

鈴鹿市旅館業組合イチオシの春のイベント「スズカ8時間エンデューロ春sp」参加者の皆さまでご宿泊を希望される方は鈴鹿市旅館業組合のウェブサイト「鈴鹿の宿」をご覧ください。


競技方法(4時間エンデューロ・8時間エンデューロ)

競技は定められた周回コースを所定の自転車で走行します。周回を重ね、それぞれ所定時間を経過した後、競技を終了し、走行した周回数およびゴール着順により順位を決定します。 



  1. カテゴリーは種目によりソロ、チーム対抗とし8時間と4時間の耐久レースを実施します。エンデューロは時間カテゴリー別に総合順位賞を設けています。(詳細は表彰内容を参照)

  2. チーム構成は8時間を2~6名、4時間は2~5名以内とし、ファミリーは3~4名とします。使用する自転車は同一チーム内であれば共有する事が出来ます。

  3. 競技中の選手交代は、あらかじめ定められた各チームピット前のピットレーンにてチーム用計測タグの交換により行います。選手交代のタイミングは、同一チーム内で自由に行えます。

  4. 補給はチームピット前の交代エリアでのみ行われるものとします。
    指定したピット以外での第三者からの補給は見つけ次第失格に致します。

  5. ピットレーン入り口を下記の時間帯に一時的に閉鎖します。8時間、4時間エンデューロに出場されている選手はその間、交代できませんのでご注意ください。 

    ピット閉鎖時間
    (1)11:58~12:23
    (2)15:55~

  6. 規定時間を過ぎてゴールラインを通過し、レースを終了した選手はシケイン手前からピットロードから退出して、速やかに計測タグを返却した後、各チームピットへ戻ってください。

競技方法(アタック120・アタック240)

競技はソロでチャレンジする「アタック240」と「アタック120」を実施。スタートはバイクの先導により誘導します。バイクからの合図で一斉にスタートする「ローリングスタート」で競技を開始します。

「アタック240」は8時間以内にサーキットを40周回(232.28km)走破し、ゴールタイムを競います。

「アタック120」は4時間以内にサーキットを20周回(116.14km)走破し、ゴールタイムを競います。

順位は規定時間内の周回数で決定します。(なお、同一周回数の場合はゴール順位の優劣により決定します)

各選手のレース途中経過情報は、リザルトボードで1時間ごとに、モバイルラップ一覧サイト「ラップクリップ」でリアルタイムに確認できます。

競技はフルコースで実施します。 

※長時間のソロ競技ですので補給食や休憩を取ることも考えて、自身の体調管理には十分注意してください。


競技規則

  1. 本大会は(財)日本自転車競技連盟の規則に準じ、本大会の特別規則によって実施します。
  2. 競技規則および競技運営・管理上の規定を厳守してください。
  3. 競技は、計測タグ使用による自動計測システムにて実施します。もし計測タグを装着せずに競技に参加した場合、成績が表示されませんのでご注意ください。
  4. 車検は行いませんので、各自責任を持って常に完全に整備された自転車を用いて参加してください。
  5. スタートはバイクの先導により誘導します。バイクからの合図で一斉にスタートする「ローリングスタート」で競技を開始します。(キッズロードを除く)
  6. エンデューロのスタート時間に遅れた競技者は、遅れた時間分をロスタイムとして計測します。
  7. 競技中、参加者は他の参加者を追い抜く場合、原則的に右側から追い抜くものとします。
  8. エンデューロの競技でピットレーン走行中、原則として他の競技者を追い抜く事を禁止します。
  9. コース走行中、自分の走行ラインを斜めに変更する場合、必ず変更する側の後方確認を行い安全であるか確認することを義務付けます。
  10. 競技中および試走時間中にコースを逆走することは安全管理上一切禁止します。
  11. 競技者は、ボトル、スペア−タイヤ、修理用具等を携帯できますが、ガラス容器その他危険物を携帯してはいけません。なお、携帯したものをコース上およびその周辺に破棄する事を禁止します。
  12. エンデューロの競技中、完走打ち切りは原則として実施しませんが、審判委員および医務員から競技の中止を指示された競技者は、直ちに競技を中止してください。レース中、割り込みや斜行などの走路妨害、他の競技者を押すなどの危険な行為をした者はコース上から除外します。
  13. 競技は参加申込にてエントリーした選手のみが出場できます。なお事前に大会本部(選手受付窓口)に、参加者変更の連絡を申し出ている場合は、代理人の出走を認めます。
  14. 競技参加者は競技役員の指示に従ってください。
  15. 大会開催中、参加者自身の自転車および貴重品等は、各自の責任において管理してください。


■競技者の装備

  1. 全ての競技者はヘルメットの正しい着用を義務付けます。使用ヘルメットが、使用上安全であると認められるものはJCF(日車連)公認の物でなくても使用を認めます。
  2. 全ての競技者は、主催者から用意されたゼッケン及び計測タグを指定の位置に取り付けることを義務付けます。

■公式記録

  1. 競技記録は以下の手順にて公式記録となります。
  2. レース終了後、直ちに通告員より入賞対象選手またはチームを場内(ピットエリア)アナウンスします。同時にインフォメーションボードに全てのレース結果を掲示します。
  3. 通告、掲示後10分経って意義申し立ての無い場合、競技結果は公式記録として確定します。


車両規定

レースに使用できる自転車については下記の車両規定をご覧ください。

  1. 参加者が使用できる自転車は、フリー式とし、前後ブレーキは完全なものとします。
  2. 使用する自転車はサーキットでの高速走行に耐える強度を備え、よく整備された自転車である事を義務付けます。
  3. トライアスロンバー、DHバー、アタッチメントバー、ブルホーンバーの使用は認められません。
  4. フラットハンドルバーのエンドバーは認めます。
  5. 1本足スタンドは必ず外して走行してください。
  6. 電動アシスト付自転車、タンデム車は出場できません。

※自転車について詳細は大会事務局までお問い合わせください。

※衣装および車輌の装飾については、極端な突起物および走行上著しく操作を妨げる形状の装飾物を取り付けることは認めません。また、極端な露出の衣装を着用することを禁止します。


ロード

通常ロードレーサーと呼ばれる車種全般とします。このカテゴリーへのクロスバイク、MTBでの参加もOKです。その場合タイヤサイズの規制及びフラットハンドルバー使用の規制はありません。

フラットバー

クロスバイク、MTBなどフラットハンドル付の自転車。車輪径とタイヤの太さの制限はありません。エンドバーの使用は認めますが、緊急時のブレーキ操作が可能なブレーキレバーを装着した自転車のみとします。スリックタイヤの使用は可能です。

ママチャリ

前カゴ付きの一般車で、通学用及び買い物用などに使用される市販の自転車。変速機付きの車種は、内装仕様のみ認めます。(外装変速機は不可)

ミニ(小径車)

前後の車輪径が22インチ以下のスポーツ車であれば基本的に車種の限定はありません。変速機の制限は設けません。ただし、高速走行に耐えうる十分な強度を備えた自転車であること。

リカンベント

リクライニングポジションで乗車する、リカンベントタイプの自転車です。カウリング付きも認めますが、単独で乗り降

サイクリストの心得&マナー

レースは戦いではなく、ルールによって成り立っている競い合いです。一番大切なのは、他のサイクリスト(仲間)を 危険な状態にしないという思いやりの気持ちです。安全走行で楽しいレースにしましょう。

■安全にレースを走るための心得

スズカ8時間エンデューロでは、速度差のある選手が同じコースを混走します。その状況で走行中の安全を確保するためには、参加選手である皆様の協力が必要です。次の5つを守ってください。

1. 走行レーンの維持
鈴鹿サーキットコースを反時計回りで競技を行います。ゆっくり走る方はコース左側のレーンを、前走者を追い越す場合は右側のレーンから追い越します。追い越した後しばらく右側のレーン走行を維持します。サーキットには普通道路のように車線を区切るラインはありませんが、4本のラインで仕切られた走行レーンを走るイメージで走ってください。

2. 視野を広く確保する
前の選手だけを見るのではなく、目線を上 げて100m先を見るつもりで前方の動きを 把握して走行しましょう。

3. 急な進路変更は厳禁
レース中は集団で走行しているので、自分 の前後左右には他の選手が走行しています。 進路変更やピットへ入る時は手で合図をす るなど、注意を促して、安全を確認してか ら進路変更しましょう。

4. 声出しをしよう
追い越しを行う時は「右、通ります」、ピットへ入る時は「ピットへ入ります」と一 声掛けると、周りにいる選手もその動きに 対して構える事ができるので、選手同士の 接触を防止する事につながります。

5. よそ見をしない
視線は常に前を向けて走ろう。コース脇か らの声援に視線を向けたり、苦しくなって 下を向いて走らないように注意しましょう。 前方を見ていないうちに、自転車は意外に 前へ進んでいます。

※スタート時は沢山の選手に囲まれてスタ ートしますので、特に上記を厳守しましょう。


■サイクリストとしてのマナー

自分が怪我をしないように、また他の選手を事故に巻き込まないためにも以下を守って下さい。


スタート前にブレーキ、タイヤ空気圧は正常か、異常な音はしないかなど自転車の安全点検を済ませます。つぎに、服装や靴ひも、計測装置などのチェックをしておきましょう。

●ヘルメットのチェック
損傷がないかチェックして、ぐらつかないようにアゴ紐を締めて正しく被ります。浅く被ったり、深く被りすぎても万が一の時にヘルメットの性能が発揮されませんので正しく装着してください。

(注)ヘルメットは経年劣化します。購入後3年間が保護性能有効期間です。

●服装のチェック
靴紐やズボンの裾などがギアなどに絡み付くと危険です。できるだけ体にフィットする服装で走行しましょう。

●計測チップ:計測チップは正しく装着しましょう。間違った向きや場所に装着すると正確な記録が計測できない恐れがあります。
計測チップについてはこちら

スタート時は大きな集団でゆっくり走り出します。あせらず落ち着いて、前を見てスタートしましょう。






メカトラブルで停車する場合、手をあげるなどして周囲に停車することを知らせましょう。停車したら、周りを良く見て安全を確認してから速やかにコースアウトしてください。後方確認せずにあわててコースアウトすると追突事故の原因になります。


手を上げたり、「パンク」と声をだして周囲の選手にパンクした事を伝えます。

急停車するのではなくゆっくりと減速し、後方から来る選手に注意を払いながらコース左端へ退避し、コースから出て停車します。(急停車・急な進路変更は後ろからの追突事故につながります)

コース脇を自力でピットまで戻ってください。無理な場合は近くの大会スタッフに現状を伝えてください。

転倒時は、体を出来るだけ小さくして最後までハンドルから手を離さないようにしましょう(手を離して手から着地すると鎖骨が折れることがあります)。動ける場合は周囲の安全を確認してコース脇へ移動します。無理な場合は体を丸めて小さくなり、スタッフの到着を待ちます。直ぐにスタッフが駆けつけます。


計測タグとゼッケン

■パワータグとゼッケンの取り扱い

自動計測「パワータグ」は個人用のフロントホーク固定式計測タグとエンデューロ用のアンクルバンド式計測タグがあります。個人用はアタックの参加選手、エンデューロ用のアンクルバンドは1チームに1個お渡しします。

■フロントホーク固定式 計測タグ

アタック参加選手全員に個人用計測タグセット(固定式計測タグ、タイラップ2本/写真A)をお渡ししています。使用する自転車に装着してください。 固定式計測タグに貼られているご自分のお名前を確認してから、フロントホークの図Bの位置に固定してください。

※アタックに参加の選手は個人用固定式計測タグのみお渡ししています。
 (アンクルバンド式計測タグはありません)



■取り付け方

パワータグ裏面にあるゲタ状台座の穴に写真のようにタイラップを通します。


フロントホークに装着し、タイラップの細い先端を穴に通して強く引きます。


しっかり固定するまでタイラップを引き、タグがずれたり動いたりしないか確認します。


固定したら余分なタイラップを切り取ってください。


取り付け完了です。


■取り外し方

タイラップはニッパなどで切って外してください。
(フロントホークを傷つけないよう注意してください)


■アンクルバンド式 計測タグ(エンデューロ用)

エンデューロの記録計測に使用する計測チップはアンクルバンドタイプです。ライダーの足首に巻きつけて使用しますので下記の注意事項をよく読んで取り扱ってください。 

  1. アンクルバンドタイプの計測チップは足首に巻きつけて走行します。審判員から視認できるように露出して装着してください。(左右どちらでも可)
    ※手首に巻いたりポケットなどには入れないでください。計測されない場合があります。

  2. 計測チップの受け渡しは必ず停止して行うこと。走りながらの取り外しや装着、受け渡しは厳禁です。

  3. 計測チップは精密機器です。ライダー交代の際に投げたりしないでください。落下して記録が計測できなくなることがあります。 

    アンクルバンドは黒い面を外側(黄色面を内側)に足首に巻きつけてください。 走行中に外れないようしっかり固定してください。

自動計測器「パワータグ」の返却

レース終了後、自動計測器「パワータグ」は計測タグ回収所へ全て返却していただきます。
個人用計測タグは固定したタイラップを切って返却してください。アンクルバンド式計測タグはそのまま返却してください。

※自動計測器「パワータグ」は個人登録されていますので、返却されなかった場合は大会事務局より製作実費5,000円を請求させていただきます。 


ゼッケンの取り付け位置

ゼッケンは走行中に外れないように各自でしっかり取り付けてください。ゼッケンが外れてしまったまま競技を続行することはできませんので注意してください。

※ゼッケンは写真を参考に、ジャージ(上着)の背中左側の腰位置につけてください。この時、背骨のラインにゼッケンの右端が沿うような位置に取り付けてください。


ロトラップでドン!


すでに発表されている5桁の当選番号とラップタイム下5桁が一致すると高額賞金獲得のチャンスという、恒例のお楽しみ企画「ロトラップでドン!」。該当者で賞金を山分けするため、チーム種目ではチームごとに、ソロ種目では選手ごとにラップを完了するごとに賞金ゲットのチャンスが増えていきます。該当者が1人しかいなければ賞金は独り占め、2人以上なら該当者で等分に山分けすることになります。

※今大会からキャリーオーバー制を廃止しました。
 春spの賞金10万円と秋spの賞金10万円は各大会限定の賞金となります。

ロトラップでドン!実施概要

大会前に発表される当選番号と、ラップタイム末尾5桁の数値が一致すると最大で賞金10万円が当たります。

賞金:10万円 対象:全種目 〈当選番号06888 当選ラップタイム[○○分06秒888]〉
当選者が複数の場合は1,000円単位で分配します。
ソロは個人に、チーム参加の場合はチームに賞金が贈られます。
4時間エンデューロ表彰時に当選者の1次発表を行います。全ての競技終了後、最終当選者及び賞金額を発表します。
全競技終了後の最終発表時に当選者が不在の場合は、当選権利が失効しますのでご注意ください。



抽選会


レース終了後は名物イベント・大抽選会が待っています! 完成車や高級フレームをはじめとする自転車用品はもちろん、ホテル宿泊券や高級和牛といった自転車以外の豪華賞品も目白押し。参加者だけでなく、応援に来てくれた家族や仲間も盛り上がれます。レースにエントリーした人なら誰でも参加できる、抽選箱に参加賞の半券を入れた皆さんにだけ当選のチャンスがあります。つまり、チームでエントリーしていれば、人数分だけ当選のチャンスがあるのです!
大抽選会は全レース終了後、表彰式に引き続き開催されます。急いで表彰ステージ前へ集まってください!


バザール・試乗会


協賛各社のテントが所狭しと並び、新製品や定番モデルの展示や販売が行われるサイクルバザール。試乗用のバイクやホイールを用意しているメーカーもあり、気になるモデルの試乗車があれば試乗することができます。また、ケミカルを使ったチェーンクリーニングや、エナジードリンクの試飲など、各ブース独自のお試し企画もいろいろ用意されています。ほかにも、会場特別価格の掘り出し物がずらりと並び、見るだけでなく、買い物しても、お試ししても楽しめる、いろいろおいしい思いができるバザールです! マメに足を運んで各ブースを時間をかけて巡れば、ステキな出会いがあるかも!?

※各ブースの出し物は当日のお楽しみです。




ロードレース講習会


毎年、ビギナーの方にも多数参加していただいているスズカ8時間エンデューロ。サーキット走行や集団走行に関する不安を、ロードレース講習会で解消しませんか? 講師は、チームマトリックスパワータグの選手たち。コーナーリング中の体重のかけ方やブレーキングのテクニックといった基本的なライディングテクニックから、集団走行の基本やサーキットの安全な走り方、さらに攻略法まで、レースを安全に走るためのポイントを伝授します。講習会終了後には選手と一緒にコースを試走します。
ビギナーの皆さんはもちろん、「もっとスマートにレースを走りたい」と願う中級者以上の方の参加も大歓迎!

スポーツグラスフィッティング


スポーツグラスの選び方から競技にあわせたフィッティングまでを一貫したサービスを提供させて頂くのがスポーツグラストレーナーの仕事です。
有害光線や外的要因(小石や虫)より目を守るスポーツサングラスはモノではなくアスリートのパートナーです。
骨格が同じ人はいません。バイクを選ぶ時と同じようにグラスを骨格にあわせて選ぶのを天命と感じています。仕事帰りでもゆっくりご相談やメンテナンスが出来るように、インターネット販売を縮小して大阪南船場にて深夜まで実店舗にてアスリート様をお迎えしています!
現在、スポーツグラスを掛けてるのを忘れるぐらいの究極の技を習得する為にイベント会場やショップを回り修行をさせて頂いています。


ラップ一覧サイト


お手持ちの携帯電話やスマートフォン、タブレットなどでラップタイムやレース経過がリアルタイムで確認できるモバイルラップ一覧。ラップの推移を見ながら、自分たちのペースやライバルチームの動向を確認できます。どのように活用するかはあなた次第です!
LAP CLIP〈http://matrix-sports.jp/lap/
※速報データのため、順位、タイムは後から修正になる可能性があります 。


会場案内

スズカ8時間エンデューロ春spでは複数の異なる競技が開催されます。したがって、競技のスタート・ゴールの配置が違う場所に設けられることになります。それぞれの集合場所・スタート地点・ゴール地点を確認して、間違わないよう注意してください。

コース紹介

スズカ8時間エンデューロ春spでは、速度差のある選手が同時に同じコースを走行します。安全走行で楽しくレースをしていただくために、自分の走行レーンを維持して走る「走行レーン規制地点」を設けています。
規制地点はヘアピンカーブと25R~デグナーカーブ、そしてS字カーブです。もちろんシケインや西ストレートの上り口など規制地点以外でも注意を要する地点があります。全員が安全を心がけて無謀な走り方をしないようにしてください。



ピットエリアについて

ピットエリアでの注意事項

本大会では、正規のホームストレートピットのほかに、シケインと第1コーナー側に臨時の特設ピットを設けています。ピットを活用する際は下記の事柄を理解して、お互いに気持ち良く利用してください。


ピットは走行レーンと交代エリア、待機エリア、バイクラックエリアに分かれます。
次走者は待機エリアに控えて、選手交代は必ず交代エリアでおこなってください。
走らない選手の自転車はバイクラックに掛けて保管してください。
ピット内の走行レーンで無理な追い越しは厳禁です。
計測タグは精密機器です。決して投げたりせず、受け渡しは慎重に行ってください。


シケインに設けられた特設ピットエリアの入り口と出口には審判テントを設置し、公正なレース運営にあたります。このピットエリアは、本大会が特別に定めたピットエリアです。このためピットへの入り方や出口から本コースへの合流など、注意が必要です。また、参加選手には走行レーンや待機エリア、テントエリアなどの区域を十分認識していただかなければなりません。お互い協力して安全で楽しいレースを心がけてください。

※2014年秋spより、シケイン特設ピット内に新しくバイクラックを設置いたしました。

※シケイン特設ピット付近にテントを張る場合は必ずバイクラックの後方に設置してください。


案内

鈴鹿サーキットへの入場料金は、参加選手および同伴者1名まで入場できます。同伴者2名もしくはそれ以上の場合は、入場券をご購入下さい。

●一般観戦者の入場方法 
鈴鹿サーキットメインゲートで当日券をお買い求めのうえご入場ください。メインゲートから遊園地内を通ってサーキットに入場していただけます。 

●当日入場券(駐車料別)
大人 :1,700円(中学生以上)
子供 : 800円(小学生) 
幼児 : 600円(3才~小学生未満)
鈴鹿サーキッ ト各施設料金のご案内はこちら〈http://www.suzukacircuit.jp/fee_s/〉

●のりものゆうえんち モートピア〈http://www.suzukacircuit.jp/motopia_s/fee/〉
 モートピアパスポート(入園+のりものパスポート)

  通常料金 参加者特別料金 遊園地内ジョイフル広場 
時計台下の チケットBOXで
左記特別料金にて販売
◆チケット販売時間◆
5/31〈9:15~19:00〉
大人(中学生以上) ¥4,300 ¥3,900
小学生 ¥3,300 ¥3,000
幼児(3歳~未就学児) ¥2,100 ¥1,800




2月26日

ちょっと最近暖かい日があったり、平均して少しですが暖かくなってきたせいか、急にスポーツ車が動きだしてきて組み立てに追われてます。
その為、なんかゆっくりとブログを書く暇も・・・。


この前の火曜日、マトリックスパワータグの安原監督のお見舞いを行ったんです。

と、その記事を書いたのですが、心配される方の反響が半端なかったみたいで、削除したのですが、削除したものの、削除した時点ではフェイスブックで500人ほどは見られてて、すでに手遅れだったようで(笑)、違う所でもすでに書かれてますので、再び書こうかと(#^.^#)

ネットって良い反面もあるものの、一回出回ると、どうにもできないものですね。

まあ、監督の了承の元、ネタで撮った写真ですし、安原監督はめちゃくちゃ元気ですので、ご心配なく(#^.^#)




まあ、確かに痛そうな顔をわざとしてるから、余計に心配なりますよね。
けど、元気いっぱいで、もうすぐ退院できると思いますので、ご心配なく。


さ~てもうすぐ3月。今週日曜日ははりちゅうエンデューロがありますが、今回はメカニックで参加しません。
なかなか全部は休みがとれないので、不参加です。



そしてそして!!!!
春のスズカ!!!WEBサイトが開設されました!!!
http://suzuka8h.powertag.jp/2015/spring_top.html


エントリーは3月2日からです!

また鈴鹿の記事に関しては詳しく書きますね。金太郎もメカニックで参加します(#^.^#)




TOPEAK iグロウケージB

TOPEAKから面白い商品が登場しました!

ボトルケージです!

って、普通やん!って突っ込み入れたくなったそこのあなた!

ちゃうんです。いや、違うんです。この子、光るんです!

どこが光るかと言うと、ボトルケージの底の部分にLEDライトが装備されてて、こんな具合に!






ボトルケージ底部のRGB LED ライトでボトル全体が光るi グロウケージ B。
ボタンを押すことで5 色のライトに切り替えられます。550cc レースボトル付属。
■レースボトル用
■エンジニアリング プラスチック
■RGB LED 1個
■点灯 /点滅の 2 モード
点灯:50 時間、点滅:100 時間
■モニター用 コイン形 リチウム電池
2 個付属 (CR2032)
■トピーク レースボトル (550cc) 付属
■L79 x W81 x H156mm( ボトルケージのみ)
■56g(ボトルケージのみ)


夜間の視認性アップ、ファッションにピッタリです(#^.^#)

http://3196kintarou.jp/shopdetail/000000006624/all_items/page1/order/


ELITE QUBO(キューボ) パワーマグスマートセット[8段階負荷調整 20-29インチ対応 ]

高機能トレーニングアプリ半年間無料パス付き!
Bluetooth ワイヤレスセンサー搭載の
「QUBO MAG POWER Smart Set」が新発売



プロチームのレース現場でよく使用されている「QUBO POWER MAG」に「MISURO Blue」ブルートゥース スピード&ケイデンスセンサーと高機能トレー ニングアプリ「My E-Training」の半年間無料パスがセットされたお買得パッケージ「QUBO POWER MAG Smart Set」が 発売されました。





安定性と実走行感の高いQUBOフレームに、リモートコントロール8段階負荷調整レバーがついた「QUBO POWER MAG」は、大型フライホィールを装着したパワーマグ負荷ユニットで自然な加速感を実現、30mm径のエラストGELロー ラーは、静粛性に優れタイヤの消耗も最小限に抑えます。付属する「MISURO Blue」ブルートゥース スピード&ケイデンスセンサーは、負荷ユニットからスピードとケイデンスのデータを読み取り、ブルートゥース対応のiPhoneやAndroid デバイスなどのポータブルデバイスに送信します。読み取ったデータは高機能トレーニングアプリ「My E-Training」で活用できます。

   慣性モーメント3600mgmm2の 大型フライホィールを装備した強力なマグネット負荷ユニットを装備。最大で1420Wもの負荷を発生します。
   手元で負荷調整可能なリモートコント ロール8段階負荷調整レバー
 ■MISURO Blue ケイデンス&スピードセンサー 標準装備
 面倒な各種センサーの自転車への着脱が不要なBluetoothワイヤレスセンサー「MISURO Blu」を標準装備。トレーニングを始めるときは、自転車をトレーナーに装着して、負荷調整レバーをハンドルに固定するだけでOK。 「MISURO Blu」センサーはトレーナーの負荷ユニットに装着しておくだけで、あなたのポータブルデバイスにインストールした「My E-Training」とワイヤレスで通信し、スピードやケイデンスのデータを送信します。(※ 「MISURO Blu」から送信されるスピードとケイデンスは計算値です。直接計測値を表示させたい場合は、自転車に装着する「スピード&ケイデンスセンサー Bluetooth」をご利用ください。)
 

■慣性モーメント3600mgmm2の大型フライホィールを装備した 強力なマグネット負荷ユニットを装備
■リモートコントロール8段階負荷調整レバー
■静粛性が高くタイヤの磨耗も軽減する30mm口径エラストGELローラー
■安定感と実走感の高い新型QUBOフレーム ■トレーナーの水平を出すのに役立つ「レベリングフィート」装備
■ファストフィキシングメカニズムによりバイクの取り付け、取り外しが容易に
■専用クイックレリーズ付属 ■20 ~ 29 インチホィール対応
■iPhone やiPad、Androidデバイスでトレーニング管理が出来る「My E-Training」や実走行データを映像と共に記録し活用できる「My RealVideo」 アプリ対応*

静粛性: ★★★ 負荷レベル: ★~★★★★

■自宅に居ながらにしてプロ・ト レーナーが組立てたトレーニングメニューを実行できるiOS / Android対応アプリ「MY E-Training」


ご注文はこちら
http://3196kintarou.jp/shopdetail/000000006603/
近日中の入荷予定となります。

マトリックスパワータグの安原監督

今日は定休日。

さっき記事書いてましたが、あまりの反響の為、削除させて頂きました。

ちょっと反響がありすぎて、携帯が鳴りやまないそうなので・・・・。

フェイスブックのほうも削除させて頂きました。多数の心配コメントを頂いた皆様、ありがとうございます。

本人にしっかり伝えておきますね。



堺浜クリテリウム 第3戦の写真をアップしました。

昨日行われた「堺浜クリテリウム 第3戦」の写真をアップしました。

https://picasaweb.google.com/109757712427395976313/327222#



堺浜クリテリウム第3戦

今日は堺浜クリテリウム第3戦。
今回もメカニックで参戦ですが、堺浜クリテリウムはきっちり整備してくてくれてる方が多いので、ほとんど何もせずレース観戦を楽しめました(#^.^#)

当初の天気予報では春一番が吹くとか、昼から風が強くなって嵐になるとの予報でしたが、実際には風はほとんどなく、雨もチラチラ降った程度だったのと気温も高かったのでよかったです(#^.^#)

では写真を(#^.^#)

イベント開始前。
元マトリックスの選手、小牧元選手もワイワイと。







向川選手。マトリックスのコーチでもあります。


なかなか見れない?スプリンター橋本選手も来ました。


和田選手。今回、一番先頭を引っ張ってたかもです。
エンデューロも45km程度の速度でずっと先頭をひっぱってました。


橋本選手






あ、向川選手、エンデューロでずっと後ろ走ってたのですが、途中からお子様が応援に来られ「パパ~頑張れ~」の声援が届いた瞬間から、ガンガン先頭を引いてました(笑)
向川パパ頑張りました!





で微妙な雨と路面に砂が浮いてるのか、選手も自転車も砂だらけです。




顔もジャージも砂だらけの田窪選手。笑顔がステキですね~。若いっていいなぁ~(笑)


顔砂だらけやぁ~の橋本選手の絵。


で休憩時間は濡れた服やシューズなども乾かします・・・ってか、このストーブ、最強に暖かかったですが、マトリックスの選手が占領してました。









で今回ビギナークラスの平均速度は33キロくらい、スポーツが36kmくらい、エリートクラスで38km程度でした。

そしてエンデューロはなぜかレベルがめっちゃ高く、速い時は1周950mを1分15秒くらいで走ってたので、選手のサイコンを見るとエンデューロの時で、平均速度が38kmくらい、最高速度で54kmくらい出てました。それで90分。

でエンデューロの優勝は元オリンピック選手の山崎選手。山崎選手は今年60歳なのに強いですね~。
途中、一昨年マトリックスパワータグに所属してた藤岡選手も前をガンガン引いてたので、山崎選手をうまくアシスト。
藤岡選手本人は最後まで本気でしたよ~って言ってたものの、ゴール前は同じチームの山崎さんに併走で笑顔だったので、きっと・・・。





今回はパンクが2回ほどあったみたいですが、落車もなくよかったです(#^.^#)


参加された皆様、お疲れ様でした(#^^#)



堺浜クリテリウム 第3戦

明日は堺浜クリテリウムの第3戦が開催されます!

当然ながら、金太郎もメカニックとして行きます。と言いながらも堺浜クリテは皆さんキッチリと整備してきて頂いてるので、お陰様で結構のんびりでレースも楽しめてます(#^.^#)

明日は春一番が吹くかもと・・・・。ただでさえ、いつも強風の堺浜、明日は風速30m以上の風が吹くのでは?って思ってしまいます。
そして残念ながらお昼から雨みたいです。

皆さん安全運転でレースに参加してください。


そして残念ながら、明日は安原監督は不在です。理由はまたそのうちにでも・・・・。



CARACLE

昨日ご紹介した20インチの折り畳み自転車。


スーツケースにも入るサイズで、走行性能も高いのが特徴です。


700Cホイールとの比較







ちなみにA社はパナソニックの14インチトレンクル、B社はブロンプトン、C社はBD-1だったかな・・・?

パーツはクランクがシマノ SL-R350 52Tで、リアディレーラーはシマノ DEORE 9速が使用されてます。

重量が10.8kg


なかなか面白い自転車かと思います(#^.^#)



2月19日

今日は朝から腰が痛く、どうも仕事のキレが悪い1日でした。

朝から伝票がおかしくなってたので、その作業。しかし腰が痛いと集中力にかけどうもダメでした。

その後はお客様からご依頼のMTBのブレーキレバー、ブレーキアーチ、ローターを交換。ローターもフロントは180mmに変更です。

作業前。グリップとかレバー抜いた状態。



交換後。ローターは180mmになりました。


完成です(#^.^#)


そして、その後はお客様からご注文頂いたATXを組んで・・・。


合間合間に納車を数台して、その後はこの子を少しいじりました。


で、今日はネタがいっぱいあって、わけて書こうかとも思ったのですが、簡単に書きます。

様々な面白いパーツを扱う「ユニコ」さんに最近まで居た営業さんが、今日はやってこられました。
最近退職されて別の会社に行かれたそうなのですが、新しい会社でこんなものを始めたそうな・・・。

多分7泊8日用くらいのキャリーバッグの扱いを始めた・・・ではなく・・・。

このキャリーバッグの中に入るサイズの20インチ折り畳み自転車。

参考までに700Cのホイールとの比較。


こんな折り畳み自転車です。

で!20インチで畳んだサイズは最少らしくて、駅のロッカーにも入るサイズだそうで、A社とかB社とかC社とか比較してたけど、ずばり言うと、トレンクルとかブロンプトンとか、BD-1とかよりも小さいそうです。

で、それでいてMade in JAPANで、パーツ構成もシマノのホローテッククランクにリアディレーラーはDEOREを装備。リアサスもエアサスを装備で、実際に今日乗りましたが、走行性能も安定してました。

この自転車に関しては、のちのち詳しく紹介しようと思います(#^.^#)


で今日は、バイシクル21が届きました(#^.^#)
表紙はマトリックスパワータグのホセトリビオ選手です。

ホセが乗ってる自転車!金太郎で組んでます!(←ここ重要!(笑))







ホセが乗ってる自転車!金太郎で組んでます!(←ここ重要!(笑))しつこい?



で、話は変わり、今日はこんなものを買いました(#^.^#)

wifi搭載のSDカードです。

これ、何かと言うと、一眼レフカメラなどで撮った写真が、自分のスマホに自動で送られてくるんです。

どんな場面で使うかと言うと、旅行に行った際に一眼レフカメラの画質をすぐにSNSにアップできるんです!

例えば当店などでしたら、堺浜クリテリウム、岡山エンデューロ、鈴鹿エンデューロなどで一眼レフカメラで撮った写真をすぐにフェイスブックとかブログにアップできるんです。

これは凄いです。

実際に使用したのですが、写真を撮ればどんどんスマホに転送されるので、非常に便利です。

今度の日曜日の堺浜クリテリウムで早速使用してみようと思います(#^.^#)


今日もありがとうございました(#^.^#)






2月18日

今日は定休日明け。

今日は朝からマトリックスさんよりご依頼のFOCUS イザルコMAXの組み立て。


ちゃちゃっと完成。


そして今日はTCR SLR2をお買い上げ頂いたお客様にこんなものを頂きました(#^.^#)

先週は熱が出てダウンしてたので、ご心配頂き持って来て頂きました。
ありがとうございました(#^.^#)
これ効きました!!

で、その後はジャイアントの自転車を6台組み立て。組めるか心配でしたが、なんとか組めました。


明日は朝からお預かりしてるMTBのメンテナンスを行い、マトリックスパワータグのベンジャミンの自転車を少しいじります。


今日もありがとうございました(#^.^#)




2月17日

今日は定休日。

今日は、相当ぶりに?ってか何年かぶりに、家から1歩も出ませんでした。

ちょっと体調が今一つだった事もあり、今日は家でのんびりするぞ~って決めたので、数年ぶりに昼前まで寝てました。

それにしてもよく寝た~って感じで、久しぶりにゆっくりしました(#^.^#)

今週末は堺浜クリテがありますし、明日も組み立てに追われますので、今週も予定がいっぱい。


明日から気合入れてまた頑張ります(#^.^#)





2月16日

今日はそんなに忙しくなく、のんびりだったので、マトリックスさんからご依頼の自転車を組む予定でしたが、予定が狂ったので、お客様からお預かりしてましたマウンテンバイクのブレーキアーチ、ブレーキレバー、ローターを交換しました(#^.^#)

ビフォー


ブリーティング中


アフター


ロードも良いけどマウンテンバイクも良いですね。


そしてマトリックスさんからご依頼の自転車を朝から組むつもりが、夕方になり、一昨年までマトリックスの選手として走ってた小牧選手にフレームを持って来てもらい取り掛かるも、修理などバタバタして、全然取り掛かれなかったので、水曜日の朝一から取り掛かります。

水曜日はジャイアントが沢山入荷ですが、入荷がいつも11時頃なので、マトリックスさんの自転車は9時から始めたら2時間もあれば組み終わるであろうって計画で、その後はジャイアントの自転車を閉店までひたすら組み立てに追われます。

今日もありがとうございました(#^.^#)




昨日は・・・

昨日は店が忙しくお陰様で、バッタバタ。

で家に帰ってからどうも調子が悪いんです。ご飯食べてる頃から寒気がやってきて、食べ終わった後くらいはもっと寒気が来て、熱を測ると37.2度。
ん~薬でも飲んでおくか~って事で薬を飲んで寝てたのですが、節々が痛くなってきて頭も痛くなってきて再び熱を測ると38度超え。
なんか熱出したのが久しぶりだったので、かなりしんどくしんどすぎて暴れてました。

で、今日は真剣に店閉めようかと悩んだのですが、さすがにそんな訳にもいかずに、熱は下がってなかったのですが、フラフラになりながら店へ。

で、お陰様で今日も朝からバタバタと忙しく今日も沢山ご注文頂きました。ありがとうございました(#^.^#)


ちょっと今日は体調が悪く最低限の仕事しかできてなく、仕事が結構たまってるので、明日は再び組み立てに追われそうです。






2月14日

今日は朝からバタバタと。

TCR SLR2、TCR1、ESCAPE R3×2台、idiom1、その他色々と旅立ち。

沢山ありがとうございました(#^.^#)

今日はへばったので早く寝ます・・・。

今日もありがとうございました(#^.^#)




 | ホーム |  »

検索フォーム

プロフィール

サイクルショップ金太郎 店長

Author:サイクルショップ金太郎 店長
大阪の堺にある自転車店「サイクルショップ金太郎」の店長が運営するブログです。



高校の頃より自転車競技を始め、ピストを中心にMTBやロードのレースにも参加してました。

競技時代は、現在マトリックスパワータグの監督でアジアチャンピオン&アトランタオリンピック代表でもある安原さんや、日本チャンピオン、元日本代表監督の元でみっちり自転車競技を行ってました。
その後大型自転車専門店に就職し、勉強させて頂き店長の経験を踏まえこのサイクルショップ金太郎をオープンさせて頂きました。



現在は、UCIコンチネンタルチーム「マトリックスパワータグ」のメカニックもさせて頂き、「ジャパンカップ」や「ツアーオブジャパン」などもメカニックとして参戦させて頂いております。


経験を生かし、自転車の素晴らしさなどをお伝えしていきたいと思っております。

当店のご案内

当店の取り扱いブランド

自転車

  • GIANT
  • センチュリオン
  • シュウイン
  • GT
  • FELT  
  • KONA
  • DAHON
  • RITE WAY
  • OPERA
  • アンカー
  • ブリヂストン
  • パナソニック
  • アサヒサイクル
  • 塩野自転車

 ・・・など

パーツメーカー

  • キャットアイ
  • シマノ
  • OGK
  • BBB
  • カンパニョーロ
  • Fizik
  • ELITE
  • TOPEAK
  • TNI
  • KCNC
  • CORIMA
  • IRC
  • ミノウラ
  • DEDA
  • ITM
  • TITEC
  • プロファイル
  • フルクラム
  • サーファス
  • DMT
  • A-CLASS
  • PEDROS
  • CERAMICSPEED
  • TUFO 

 ・・・など

当店ホ-ムペ-ジ


◇営業時間◇
平日9:00~18:50
土日10:00~18:50

天候や諸事情により変更になる場合がございます。

◇定休日◇

毎週火曜日&第3月曜日

定休日案内はこちらをご覧ください







金太郎ニュース

定休日案内

カレンダー(月別)

01 ≪│2015/02│≫ 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリ

月別アーカイブ

天気予報


ペソギン

QRコード

QR