サイクルショップ金太郎 お店案内お店へのアクセス提携駐車場のご案内サイトマップ
サイクルショップ金太郎 安心・信頼できるプロショップの目印!当店はスポーツBAA PLUSの資格を取得したショップです。
トップページ 商品カテゴリー お支払い・配送について 運営者の紹介 お問い合わせ 会員登録 当店ブログ 買い物カート

<%> GIANT(ジャイアント) NEOS TRACK VS ガーミン Edge520
10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

GIANT(ジャイアント) NEOS TRACK VS ガーミン Edge520

鳴り物入りで登場した?(と僕は思ってます)、「GIANT(ジャイアント) NEOS TRACK」のサイコンを個人的に使用し始めて、約2週間。

GARMIN(ガーミン) Edge520」と比較しながら、レビューしていこうと思います。

まずはサイズから。

左が「GIANT(ジャイアント) NEOS TRACK」、右が「GARMIN(ガーミン) Edge820」です。
GARMIN(ガーミン) Edge520は同じサイズとなります。

サイズが
長さ 高さ 重量
GIANT(ジャイアント) NEOS TRACK 93mm 55mm 20mm 90g
GARMIN(ガーミン) Edge520 73mm 49mm 21mm 60g
GARMIN(ガーミン) Edge820 73mm 49mm 21mm 67g
GARMIN(ガーミン) Edge1030 114mm 58mm 19mm 123g
となっております。
GIANT(ジャイアント) NEOS TRACKと比較して
GARMIN(ガーミン) Edge520が小さく
GARMIN(ガーミン) Edge1030が少し大きくなります。

対応無線機能は
Bluetooth Wi-Fi ANT+
GIANT(ジャイアント) NEOS TRACK
GARMIN(ガーミン) Edge520 × ×
といった感じ


その他の機能は・・・・。
稼働時間 タッチパネル Di2対応 パワーメーター
GIANT(ジャイアント) NEOS TRACK 最大33時間 ×
GARMIN(ガーミン) Edge520 15時間 ×
ナビ機能 防水 複数バイク対応
GIANT(ジャイアント) NEOS TRACK 専用サイトから作成取り込み IPX7
GARMIN(ガーミン) Edge520 専用サイトから作成取り込み IPX7

その他にも沢山ありますが、沢山あり過ぎて比べれないので、大まかなものだけ。


そして大事な価格(定価)
GIANT(ジャイアント) NEOS TRACK22.000円+税
GARMIN(ガーミン) Edge520は本体のみで36.000円+税
GIANT(ジャイアント) NEOS TRACKのほうが14.000円安くなっております。

どちらもストラバ、シマノ Di2、各種パワーメーターなどにも対応しております。
そして、GARMIN(ガーミン) Edge520はカラーディスプレイ、GIANT(ジャイアント) NEOS TRACKは白黒のディスプレとなっております。

基本的な表示機能、対応のオプション(心拍、ケイデンス、パワーメーター、Di2)などは、種類の違いなどもありますが、どっこいどっこいでしょうか?





どちらも画面を様々にカスタマイズできます。


そしてGIANT(ジャイアント) NEOS TRACKなバックライトが自動で点灯します。



そしてGARMIN(ガーミン) Edge520にあって、GIANT(ジャイアント) NEOS TRACKに無い機能としては、バーチャルパートナー。バーチャルパートナーとのバトルが可能

そしてLive tracking機能。スマホに接続すると、リアルタイムで走ってる位置を確認・共用が出来ます。
ただ、この辺りは、スマホのアプリでもできるので特にって感じでしょうか?


そして気になっているナビ機能ですが、先に言っておきます。

スマホの地図アプリに、とてもとてもかないません。

普通にgoogle mapとかでも音声付でしっかりナビしてくれますし、
GARMIN(ガーミン) Edge520GIANT(ジャイアント) NEOS TRACKともに、スマホの地図アプリにはすべてにおいて負けてます。

ここは仕方ない事でしょうか?

試しにGIANT(ジャイアント) NEOS TRACKで少し使ってみました。

まずGIANT(ジャイアント) NEOS TRACKでの設定方法は・・・。

専用アプリで出発地点、ゴール地点を設定します。
設定方法は、ピンを指定の場所に移動するだけなので簡単に設定できます。

試しに、金太郎の店からJR鳳駅までのルートを検索してみました。
すると最短ルートで案内してくれます。
こちらは3種類の経路からも選ぶこともできます。


そして右上の{}のボタンを押すとルートプランのデータが保存されます。
基本は確定した時点での時間でファイルが形成されますが、変更も可能です。
そして右下のアップロードボタンをクリック


これでスマホの操作は完了。


次にNEOS TRACK本体の操作です。

まずメニューからWLAN同期で保存したルートデータをダウンロードします。

その後、その下のルートから・・・。


ルートを選び、指定のファイルを選ぶと・・・。


簡易的なルートが表示されます。

た・た・ただ、画面見て頂いたらわかるように、周りの道路の表記がないので、全くの知らない道で本当に使えるのだろうか・・・と不安になります。

実際に走ってみる事にします。
まず当店の前の道を出て144mの所を右折。残り3.1km


あと52m。ちなみに左上に紀州街道ってのは右に曲がった時の道です。
残り3km


さっきの右折後、400mほど走ると4m先を左折・・・と。


そして左折後、1.0km走ったら、府道28号線に出たら左折です。


という感じのナビになります。

周辺の道路が表示されないので、本当に簡易ナビではあり、実際に全く知らない道に行った際にどこまで使えるかは謎ですが、スマホの地図アプリと併用すると、そこそこ使えるのかもしれません。

ちなみにルートを外れると・・・ルート外と出て、自力で元のルートに戻らなければなりません。
自動で元のルートに案内してくれる機能はありません。
これはGARMIN(ガーミン) Edge520も同じですかね?
GARMIN(ガーミン) Edge820以上だとその機能はあるっぽいです。



GARMIN(ガーミン) Edge520と比較すると負けてる部分もあるのも事実ですが、価格が14.000円安いので、そこをどうとるかですね。
機能がどこまで必要かですね。




関連記事

 | ホーム | 

検索フォーム

プロフィール

サイクルショップ金太郎 店長

Author:サイクルショップ金太郎 店長
大阪の堺にある自転車店「サイクルショップ金太郎」の店長が運営するブログです。



高校の頃より自転車競技を始め、ピストを中心にMTBやロードのレースにも参加してました。

競技時代は、現在マトリックスパワータグの監督でアジアチャンピオン&アトランタオリンピック代表でもある安原さんや、日本チャンピオン、元日本代表監督の元でみっちり自転車競技を行ってました。
その後大型自転車専門店に就職し、勉強させて頂き店長の経験を踏まえこのサイクルショップ金太郎をオープンさせて頂きました。



現在は、UCIコンチネンタルチーム「マトリックスパワータグ」のメカニックもさせて頂き、「ジャパンカップ」や「ツアーオブジャパン」などもメカニックとして参戦させて頂いております。


経験を生かし、自転車の素晴らしさなどをお伝えしていきたいと思っております。

当店のご案内

当店の取り扱いブランド

自転車

  • GIANT
  • センチュリオン
  • シュウイン
  • GT
  • FELT  
  • KONA
  • DAHON
  • RITE WAY
  • OPERA
  • アンカー
  • ブリヂストン
  • パナソニック
  • アサヒサイクル
  • 塩野自転車

 ・・・など

パーツメーカー

  • キャットアイ
  • シマノ
  • OGK
  • BBB
  • カンパニョーロ
  • Fizik
  • ELITE
  • TOPEAK
  • TNI
  • KCNC
  • CORIMA
  • IRC
  • ミノウラ
  • DEDA
  • ITM
  • TITEC
  • プロファイル
  • フルクラム
  • サーファス
  • DMT
  • A-CLASS
  • PEDROS
  • CERAMICSPEED
  • TUFO 

 ・・・など

当店ホ-ムペ-ジ


◇営業時間◇
平日9:00~18:50
土日10:00~18:50

天候や諸事情により変更になる場合がございます。

◇定休日◇

毎週火曜日&第3月曜日

定休日案内はこちらをご覧ください







金太郎ニュース

定休日案内

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

月別アーカイブ

天気予報


ペソギン

QRコード

QR