記事一覧

シマノ 6800ULTEGRA × ジャイアント TCR

お客様からのご依頼で、早速6800ULTEGRAで組み換えしました(*^_^*)
今日は雨で写真をゆっくり撮る暇があったので、写真を多めでご紹介。

最初の自転車はこんな状態

メインコンポは105で、ブレーキだけ9000DURA-ACE積んでます。ホイールはMAVICのコスミックカーボンSLです。








早速ばらしていきます。

コンポ外した状態。

せっかくなので、オーバーホールできる部分はすべてオーバーホールを行います(*^_^*)


ヘッドパーツのベアリングも結構汚れてるので、掃除します。


綺麗になりました。(*^_^*)
防水の意味でグリスを塗って取り付けします。


そして、もともとついてる105のスプロケ。


取り外して、ハブ軸もメンテナンス。


そして6800ULTEGRAのスプロケを取り付けて行きます。


CS6800のロー側3枚の裏側です。
結構肉抜きされてます。


そしてロー側から4~5枚目


そして取り付け完了です。





次はデュアルコントロールレバー

ボルト位置はこの位置です。ブラケット自体は9000DURA-ACEより柔らかく、めくりやすくなってます。








ST6800は、レバーの内側が9000DURA-ACEに比べ、レバー可動部分が隠れてるので、見た目もよくなっております。
そして改良されてる部分がここです。ワイヤーの通し方は基本的には9000DURA-ACEと同じですが、ここの部分。

このグレーのカバー。9000DURA-ACEの際は外れる構造になってて、ついつい無くしてしまいそうなパーツでしたが、今回の6800ULTEGRAは脱落しないようになってます。
このあたりの気配りは日本人ならではと言うか、日本のメーカーならではの気配りですね。

そしてブラケットも非常に握りやすく、特徴はなさそうな形状ながら、実際に握って見ると手に物凄くフィットし、6700ULTEGRAよりも、個人的には物凄く握りやすくなってます。

そしてアウターも6800専用のものが付属しています。

インナーワイヤーも専用のものとカタログに記載がありましたが、見た目は9000DURA-ACEのインナーワイヤーと同じに見えます。


そして、この自転車はBB86.シマノで言う所のプレスフィットBB、ジャイアント的にはパワーコアBBとも呼んでいます。
シェル幅が86.5mmの圧入式のBBです。

ここも綺麗に掃除します。

そしてクランクです。
クランクの内側。結構な肉抜きがされてます。



9000DURA-ACEにも引けを取らない高級感があります。





そしてフロントディレイラーも9000シリーズと同じ形状。






そして9000同様に、フロントディレーラーは力が今までのものよりもかかってしまう為、サポートボルトが9000同様についております。

その為、サポートボルトがフレームに当たる場合は、フレームに穴が開かないようにこのプレートを取り付けなければ行けません。

位置をしっかりと確認し、脱脂して、貼り付け。


そして、サポートボルトを緩めた状態で、わざと1mmくらい内向きに取り付けます。


そしてサポートボルトを締め付け、適正な角度になる程度まで締め付けます。この時にサポートボルトがしっかりとプレートに当たってるかを確認。これがずれてると、カーボンフレームの場合、確実に穴が開きます!!!


9000同様にこのようなものがついてます。これでフロントディレーラーにワイヤーを通す際に方向を確認します。
そして、9000DURA-ACEと変更になってる部分があります。それがこれ!!!

TL-FD68と言う工具に絵が描かれてますが、下の絵は今までの9000DURA-ACEです。
しかし6800ULTEGRAは、右下にあるようなボルトがフロントディレーラーについてて、これの差し込む方向を変える事により、ワイヤーの通す角度を変えるのです。
今まではワイヤーの微妙な張り加減が結構やりにくかったのですが、この形状に変わってからは非常に調整しやすくなっております。


そしてリアディレーラー。結構攻撃的なデザインじゃないですか?非常にかっこいいです(*^_^*)


基本的な構造は9000DURA-ACEと同じ形状になってます。


プーリーも肉抜きされています。


そして完成です(*^_^*)





















そして早速乗って見たのですが、これは良いです。真面目に。

いや・・・目つぶってたら、絶対に9000DURA-ACEとの違いが判りません。

変速のタッチは、9000DURA-ACEと比較して、ほ~~~んの気持ちだけ、重たい気がします。いや、きっと僕の自転車が9000DURA-ACEを積んでるので、そうあってほしい!!!って気持ちがあるのかもしれません。
だからそう感じてるのか、そう思い込まそうと思ってるのか、それでもそんな程度の違いです。

きっと内蔵式フレームで組んだ9000DURA-ACEと、この6800ULTEGRAなら、6800ULTEGRAのほうが軽く感じるかもしれません。

そしてシフトタッチは、非常にクリック感が強くなっており、これは9000DURA-ACEよりも上ではないでしょうか?
変速した際の「カチッ」って音が9000DURA-ACEよりも大きいんですね。なので、余計にそう感じるのかもしれません。


11速になった事により、ホイールの問題があるので、まだまだ敷居が高いかもしれませんが、この6800ULTEGRAは本当に買いです!!!

今回の組み換えはブレーキ、BB、ペダルは必要なかったので、7万円ちょっとでできてる訳ですが、この価格で、この性能を手に入れられるのは、本当に素晴らしいの一言。


ほんまに6800ULTEGRAお勧めです。ってか、普通にレースで使うのも十分な気がします。



関連記事

コメント

6800がきになります

初めまして、11年式のクォータ カルマに乗ってます~6800が気になりますがホイールがRS80C50を入れてるため、RS81がでたらリアだけでも入れ換えて6800を入れるか悩んでおります…工賃を入れておいくらくらいで変えれますかね?

No Subject

かずゆき様

お問い合わせ頂きありがとうございます。メールアドレスに返信させて頂いてますので、ご確認くださいませ。

宜しくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

サイクルショップ金太郎 店長

Author:サイクルショップ金太郎 店長
大阪の堺にある自転車店「サイクルショップ金太郎」の店長が運営するブログです。



高校の頃より自転車競技を始め、ピストを中心にMTBやロードのレースにも参加してました。

競技時代は、現在マトリックスパワータグの監督でアジアチャンピオン&アトランタオリンピック代表でもある安原さんや、日本チャンピオン、元日本代表監督の元でみっちり自転車競技を行ってました。
その後大型自転車専門店に就職し、勉強させて頂き店長の経験を踏まえこのサイクルショップ金太郎をオープンさせて頂きました。




経験を生かし、自転車の素晴らしさなどをお伝えしていきたいと思っております。

当店のご案内

当店の取り扱いブランド

自転車

 ・・・など

パーツメーカー

 ・・・など

当店ホ-ムペ-ジ


◇営業時間◇
10:00~18:50
(修理受付は18:30までです)
天候や諸事情により変更になる場合がございます。

◇定休日◇

祝日以外の毎週月曜日、火曜日
又はイベント時


詳しくは定休日案内をご覧ください











当店は女性ロードレースチームユニット
「ちゃりん娘」を応援しています。



当店はサイクルスポーツの
マスターマインドの証
「スポーツBAA PLUS」を
取得しています。

カテゴリ