記事一覧

ツアー・オブ・ジャパン(UCIアジアツアー2.1) 第1ステージ堺 

ツアー・オブ・ジャパン(UCIアジアツアー2.1) 
第1ステージ堺 

日付:2014年5月18日(日) ※全6ステージ 2014年5月18日(日)~5月25日(日)
開催地:大阪府堺市堺区大仙中町 大仙公園周回コース
距離:2.65km(2.65km × 1周回) 
天候:晴れ 気温30℃
出走選手:5名 ベンジャミン・プラデス、セバスチャン・モラ、アイラン・フェルナンデス、安原大貴、和田力


日本国内で最長の最大級となるUCIステージレース、581.85kmを競う。
マトリックスは今期のメンバーが揃い、チーム固めてステージレースを戦う。
第1ステージの前に、プロローグ的な特設レースが行われる。賞金レースでもあり、参加チームのお披露目でもある。
天候は晴天、気温が高く真夏のような暑さ。

チーム一丸で戦います!

【堺国際クリテリウム】
2.7km×10周回=27km


第1ステージの同コースで行われるクリテリウム。本戦とは別であるが、華やかなお披露目の賞金レースである。
仁徳天皇陵近くの平坦コースだが、タイトなコーナー箇所もあり注意を要する。
多くの観客で賑わい、華やかにレースがスタート。声援を浴び、選手たちもテンションが上がる。

レースはほぼ集団で進行。周回コントロールラインを通過辺りでアタックがかかり、観客へアピールが入る状況。
しかし前方はランプレ・メリダとヴィーニ ファンティーニ・NIPPOががっちり固めコントロール。
マトリックスは集団中後方に位置する。
終盤からゴールへ向けて本格的な動きが始まり、ラストラップへ。マトリックスはアイランが前方へ上がる。
集団でのゴールスプリント。最終コーナーから数名が抜け出し、ニッコロ・ボニファジオ(ランプレ・メリダ)が獲る。
吉田隼人(シマノレーシング)が日本人最高5位、アイランは13位でゴール、他全員集団ゴールとなった。


1位 ニッコロ・ボニファジオ(ランプレ・メリダ)
2位 グレガ・ボーレ(ヴィーニ ファンティーニ・NIPPO)
3位 アンドレア・パリーニ(ランプレ・メリダ)
13位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)


【第1ステージ堺】
2.65km×1周回=2.65km


いよいよ本戦。個人タイムトライアル。
次ステージは平坦基調だが、後半に迎える登坂ステージへ向けて、ここの保ちタイムは重要。
総合は登坂ステージを制した選手が決め手となることが多いこのレースは、各チームが定める狙いは様々。
個人総合、チーム総合、山岳賞、ポイント賞、ステージ優勝・・・
前半は見せ場を作るチャンス、好タイムを出していきたい。


マトリックスは、和田、大貴、モラ、アイラン、ベンジャミン の順で出走。
前半のタイムは3分22秒前後。ホットシートの期待がかかるモラはタイムが伸びず3分26秒。
後半、ジョーダン・ケルビー(ドラパック プロフェッショナル サイクリング)が3分17秒01と大きくトップ更新。
最終までホットシートをキープしたが、同チームのウィリアム・クラークが3分14秒09のコースレコードを出し優勝。

結果、マトリックスはモラが12秒差でチーム最高24位。
チームは11位、タイム差はまだまだ挽回の範囲。次からのロードレースへ臨む。

《ステージ結果&総合》
1位 ウィリアム・クラーク(ドラパック プロフェッショナル サイクリング)
2位 ジョーダン・ケルビー(ドラパック プロフェッショナル サイクリング)+2″.92
3位 フィリッポ・ポッツァート(ランプレ・メリダ)+5″.03
24位 セバスチャン・モラ(マトリックスパワータグ)+11″.99
34位 ベンジャミン・プラデス(マトリックスパワータグ)+14″.43
37位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)+15″.09
74位 和田力(マトリックスパワータグ)+22″.80
93位 安原大貴(マトリックスパワータグ)+34″.45

個人総合 ウィリアム・クラーク(ドラパック プロフェッショナル サイクリング)
ポイント総合 ウィリアム・クラーク(ドラパック プロフェッショナル サイクリング)
チーム総合 ドラパック プロフェッショナル サイクリング

photo by Hideaki TAKAGI





関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

サイクルショップ金太郎 店長

Author:サイクルショップ金太郎 店長
大阪の堺にある自転車店「サイクルショップ金太郎」の店長が運営するブログです。



高校の頃より自転車競技を始め、ピストを中心にMTBやロードのレースにも参加してました。

競技時代は、現在マトリックスパワータグの監督でアジアチャンピオン&アトランタオリンピック代表でもある安原さんや、日本チャンピオン、元日本代表監督の元でみっちり自転車競技を行ってました。
その後大型自転車専門店に就職し、勉強させて頂き店長の経験を踏まえこのサイクルショップ金太郎をオープンさせて頂きました。




経験を生かし、自転車の素晴らしさなどをお伝えしていきたいと思っております。

当店のご案内

当店の取り扱いブランド

自転車

 ・・・など

パーツメーカー

  • キャットアイ
  • EASTON(イーストン)
  • TOKEN(トーケン)
  • KURE(クレ)
  • BRYTON(ブライトン)
  • SIDI(シディ)
  • SUPACAZ(スパカズ)
  • カーボンドライジャパン
  • シマノ
  • OGK KABUTO
  • BBB
  • カンパニョーロ
  • Fizik
  • ELITE
  • TOPEAK
  • TNI
  • KCNC
  • CORIMA
  • IRC
  • MINOURA(ミノウラ)
  • Deda ELEMENTI
  • ITM
  • PROFILE DESIGN(プロファイルデザイン)
  • FULCRUM(フルクラム)
  • SERFAS(サーファス)
  • DMT
  • A-CLASS
  • PEDROS
  • CERAMICSPEED
  • TUFO

 ・・・など

当店ホ-ムペ-ジ


◇営業時間◇
10:00~18:50
(修理受付は18:30までです)
天候や諸事情により変更になる場合がございます。

◇定休日◇

祝日以外の毎週月曜日、火曜日
又はイベント時


詳しくは定休日案内をご覧ください













当店は女性ロードレースチームユニット
「ちゃりん娘」を応援しています。



当店はサイクルスポーツの
マスターマインドの証
「スポーツBAA PLUS」を
取得しています。

カテゴリ

最新記事