記事一覧

GIANT(ジャイアント) ESCAPE R3 2015年モデルと2016年モデルの違い

早速、本日2016年モデルが入荷してまいりました。
まずESCAPE R3から。

手前が2016年モデルのレッドトーン 465mm
奥が2015年モデルのキャンディレッド 465mm



まずシフトレバーが2015年モデルは「シマノ EF51」に対し


同じ「シマノ EF51」ですが、新しい物になってます。



でシートチューブのマークが2015年モデルはこちら


2016年モデルはこちら


そしてヘッドパーツ
こちらは2015年モデル


そして2016年モデル


その他の違いはカラーリングだけで、ブラックトーンとかホワイトとか2015年モデルから共通のカラーはハンドル、ステム、シートポスト、ブレーキアーチがブラックになってるだけかな~って思ってたら・・・・。

2016年モデルのホワイト






2015年モデルのホワイト




ん?

ん???

ん?????

あれ?

シートステーの形状が違う・・・。

2016年モデルのほうがシートチューブの形状の曲がり具合が多く、2015年モデルは比較的直線基調に対し、結構丸くなってます。
同じフレームと思いきや、違うのかもしれません。
丸くするメリットとしては剛性が上がったり、振動吸収性が上がるとかでしょうか?

で、こんな所も計ってみました。

2015年モデル


2016年モデル


1.5~2mmほど2016年モデルのほうが広くなってるように思います。

フレームを生産する際の誤差なのか、フレーム自体に改良が加えられてるのか???


また確認してみようと思います。


そして今日はDEFY3とかDEFY4なども2016年モデルが入荷してきてます(#^.^#)



関連記事

検索フォーム

プロフィール

サイクルショップ金太郎 店長

Author:サイクルショップ金太郎 店長
大阪の堺にある自転車店「サイクルショップ金太郎」の店長が運営するブログです。



高校の頃より自転車競技を始め、ピストを中心にMTBやロードのレースにも参加してました。

競技時代は、現在マトリックスパワータグの監督でアジアチャンピオン&アトランタオリンピック代表でもある安原さんや、日本チャンピオン、元日本代表監督の元でみっちり自転車競技を行ってました。
その後大型自転車専門店に就職し、勉強させて頂き店長の経験を踏まえこのサイクルショップ金太郎をオープンさせて頂きました。




経験を生かし、自転車の素晴らしさなどをお伝えしていきたいと思っております。

当店のご案内

当店の取り扱いブランド

自転車

 ・・・など

パーツメーカー

  • キャットアイ
  • EASTON(イーストン)
  • TOKEN(トーケン)
  • KURE(クレ)
  • BRYTON(ブライトン)
  • SIDI(シディ)
  • SUPACAZ(スパカズ)
  • カーボンドライジャパン
  • シマノ
  • OGK KABUTO
  • BBB
  • カンパニョーロ
  • Fizik
  • ELITE
  • TOPEAK
  • TNI
  • KCNC
  • CORIMA
  • IRC
  • MINOURA(ミノウラ)
  • Deda ELEMENTI
  • ITM
  • PROFILE DESIGN(プロファイルデザイン)
  • FULCRUM(フルクラム)
  • SERFAS(サーファス)
  • DMT
  • A-CLASS
  • PEDROS
  • CERAMICSPEED
  • TUFO

 ・・・など

当店ホ-ムペ-ジ


◇営業時間◇
10:00~18:50
(修理受付は18:30までです)
天候や諸事情により変更になる場合がございます。

◇定休日◇

祝日以外の毎週月曜日、火曜日
又はイベント時


詳しくは定休日案内をご覧ください













当店は女性ロードレースチームユニット
「ちゃりん娘」を応援しています。



当店はサイクルスポーツの
マスターマインドの証
「スポーツBAA PLUS」を
取得しています。

カテゴリ

最新記事